出産からの退職して再就職。子育てしながらの働き方は、長いスパンで考える。

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

出産に伴い、退職せざるを得なかったという人は残念ながら未だに多いのが実情でしょう。しかし、退職によって収入が減ると、当然将来について不安を抱いてしまうものですよね。子どもの教育費はもちろん、自分達の老後まで考えなければいけません。お金の問題は余程ご主人が高収入だったり、あるいは相当の資産家でない限り、共に働いて解決するしかないと考える人は多いはず。
主婦の再就職は難しいとも言われていますが、今回は子育て中の再就職について考えてみましょう。

一生のうちに、どこで大きなお金が必要になってくるのかを考える

子育て、子どもの進学、子どもの結婚、車、マイホーム、介護、病気、自分達の老後など、人の一生にはかなりのお金が必要です。
その中でも必要となってくる時期について読めるのは、子どもの進学、自分達の老後でしょうか。最低限でもこの二つは押さえておきたいものです。
その時期に必要なお金を用意するためには、どの時期から、どういう働き方をするのか考えておく必要があります。

正規雇用と非正規雇用の違いを知っておく

一年間の収入において、正規雇用の場合は平均約480万円、非正規の場合は平均約170万円だそうです。この差は大きいですね。その他には次のような違いがあります。

正規雇用
・収入に安定が望める
・年齢が上がるにつれ収入が増える
・退職後も保障してもらえる
・残業がある
・子どもの病気など、急な休みが取りづらい

ABOUTこの記事をかいた人

1964年生まれ。 「辛い時期もいずれ過去になる。」なんて台詞が解る年頃になりました。 これまでの経験を生かし、少しでも興味を持ってもらえるような記事を書きたいと思います。