小学校のPTAの業務内容は?いつなるべき?

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

子供が小学校に入学と同時に保護者にも関係してくるものと言えば、PTAではないでしょうか。PTAと聞いてイメージすることは、親同士の集まりで忙しそうと言うイメージを持っていました。
では、実際に小学校のPTAの中身とはどのようなものなのか、今回はこの中身を見ていきたいと思います。

小学校のPTAの内容

では、小学校のPTAにはどのような役員があって、どのような活動をしているのかと言いますと、まず役員のうち訳は、会社みたいに、大元になる会長が存在し、その補助をする副会長。そして、会計に会計監査、会議など開かれた際に必要な書記の方や、その他それぞれのイベントにメインになってもらう役員などがいます。
では、このそれぞれの役員から出来た組織はどの様な活動をするのかと言いますと、
小学校で行われる行事、例えば、運動会やマラソン大会などの運営を手伝ったり、学校や生徒の様子を書いた広報誌を作ったり、子供たちの登校のパトロールをしたり、主に学校の手伝いをすることをしています。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。