子供のしつけはいつから?方法は?上手なしつけの始め方

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

初めての赤ちゃん、何もかもが初めてで愛おしくてたまらない・・から数年。
子供の成長って早いものですよね。
いつのまにか、たくさん言葉を覚え色々なことに興味を持ち、それと同時に自己主張が強くなってきます。

しつけっていつからするもの?どこまで怒っていいの?と悩んでいる方は少なくないと思います。
今回は、こどものしつけについて考えてみたいと思います。(150)

いつからしつけははじめる?

しつけといってもいろいろな意味があります。今回は『最初のしつけ』ということに注目してお話ししたいと思います。

赤ちゃんの頃は、自由に泣いたり寝たりを繰り返していましたが、1歳から2歳になるころには、生活のリズムができてきますよね。その頃に教えたいのは、生活習慣を身につけるしつけです。
大人になって、最近の子はあいさつもろくにできない・・など言われないためにはこのころからのしつけが重要です。難しいことではなく、朝起きたらおはようとか基本的なことです。これは、根気強く教えていきたいですね!

してはいけない3つのしつけ

ここでは、やりがちなしてはいけない3つのしつけについてご紹介します。

自分の気分で怒る

これは仕方のないことかもしれませんが、何度言っても聞いてくれなかったり、ついその場の気分で怒ってしまうことはありませんか?怒ってもこどもには伝わりません。なので、『走り回って〇〇くんがケガしたらママは悲しくなるからやめてほしいな。』などと言葉で伝えるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

19歳で1人目女の子を出産。20歳で2人目女の子を出産。その後離婚し、8年間シングルマザーでしたが、再婚しました。現在3人目女の子妊娠中! 人生いろいろですが、なんとかなる!!をモットーに奮闘しています。