保育園での子供のしつけ

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

ここ近年で、共働きの家庭が増えています。なので、保育園に入れなくて待機児童と言う言葉がでるなど、保育園問題もおこっています。それだけ、母親も仕事に出る人が増えているのです。そのため、仕事と家庭に忙しく、なかなか子供にしつけられる時間が少なくなってしまっているのも事実です。
実際、しつけを保育園に丸投げしてしまっているお母さんもいるようです。
しかし、本当にこれで良いのでしょうか。毎日が忙しいのはもちろんわかります、自分の休む時間さえも取れないので、子供のしつけの時間なんてさらに取れにくいです。しかし、本来、親は子供を育てる役割があるのです。もちろんその中には、しつけも含まれます。本来の役割を全うするのが親の役目なのではないでしょうか。

保育園のしつけ

では、実際、保育園ではどのようなしつけがされているのでしょうか。もちろん、それぞれの保育園によってしつけの内容も異なるでしょうが、保育園で行った基本調査の結果によりますと、特にしつけで重視しているのは、「基本的な生活習慣を身につける」ことだそうです。日常生活の中で身の回りの事が出来たり、心身を自分でコントロール出来たりするようにしつけているそうです。
その他には、人としてしてはいけないことはしない様に、としつけることもあげられています。
保育園で出来ることはごく当たり前のことをしつけることです。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。