子育てを義務と感じる罪悪感

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

世間では、育児とは聖域のようなイメージで、〝産まれた瞬間からすぐに愛情を感じるのが当たり前〟とか〝自分が産んだ子供は何にも代え難く愛しい存在〟とか〝無条件に母親は我が子を慈しむもの〟とか子育てに義務感を感じるお母さんにとって耳が痛くなることが普通とされていますよね。

自分だけなのかな、、?

〝我が子を可愛いと思えない〟〝楽しそうな子育てブログを書いてる人の気持ちがわからない、、〟〝慈しむことができない自分がいる〟。
子供のお世話やご飯を作ったりお風呂に入れたり洗濯さえも〝楽しい子育てブログの中のお母さん〟みたいにできない、わたしは淡々と仕事のようにしかお世話できない…。
これって、わたしだけじゃないんだろうか、、?
しかし、そんな淡々としたやり方でしか、子供に向き合えない自分に疑問なお母さんは案外たくさんいます。
実際、匿名のインターネット掲示板では解決策を知りたいお母さんや、愚痴を言い合うお母さんは結構みられますので、特別な悩みではありません。

淡々でも愛情に変わりない

子育てを義務だと感じてしまい、どうしたらいいのと悩んでいるお母さんは心に余裕が無くなっていたり、子供にどう接したらいいかわからなくなっている事が多いようです。
特に働くお母さんは、仕事も家事も両立しないといけないし淡々とご飯を作り子供に食事をさせ、、、となり子供を可愛いと思う余裕がないのは当然かもしれません。
けど、淡々とでも子供のお世話をすることは全く愛情が無ければできません。
そう考えると、少しだけ楽になりませんか?

解決策はある

そんなお母さんに、悩みへの対処法を以下にご紹介しますのでお役にたてると幸いです。

⚪︎子供が失敗したり、泣いたりしても〝これは学習していて必要な過程なんだ‥〟と思う。

ABOUTこの記事をかいた人

記事はまだ書き始めたばかりですが、楽しんでお仕事しています。 慣れなくてわからないこともあるかと思いますが、時間も余裕がありますし一生懸命書かせて頂きますのでどうぞよろしくお願いします。