初めての子育て~0歳って大変!~

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

妊娠がわかり喜んだのもつかの間。つわりでご飯も食べられない、なにかを口にすると吐き気がする。など大変な時期を乗り越えてでも大切にお腹で育ててきたわが子。
陣痛にも耐えやっと会えたのに、、、なんなの!子育てってこんなにも大変なの!?
なんて、新米ママならだれでも思ったはずです。
毎日、おっぱいをあげて、おむつを替えて、気が付けばもう夕方!
ああご飯も作らないといけないし洗濯もしなくちゃいけない。赤ちゃんのお世話をしているだけで1日が終わってしまった。という日は多いと思います。
初めてママになったのだから家事と育児が両立できないなんて当たり前です。
しかしやっぱりお腹を痛めて産んだわが子。ニコっと笑いかけてくれるだけでその日大変だったことを一瞬で忘れることができます。
では私が子育てをしてきて辛かったな、と感じたことや0歳の育児を乗り越えてきた経験などを紹介していきます。

授乳

私も出産するまでは知らなかったのですが、あかちゃんって最初から上手におっぱいを飲むことができないんです。本能的なもので勝手におっぱいを吸ってくれると思っていたので驚きました。私が出産した産婦人科が母乳育児推薦の産婦人科でしたのでもちろんミルクの指導はありません。産まれて間もないころはさっき授乳したのに!なんで泣くのだろうと思うくらいすぐに泣きだしていました。もちろん私は授乳をしたつもりになっていたので、おむつかな?暑いのかな?寒いのかな?などほかの理由を探していました。
産婦人科の助産師さんに相談すると、おっぱいが上手に飲めていないか母乳の出が悪いのかな?だから赤ちゃんはお腹が空いて泣いているんだよ。大丈夫、マッサージをしてよく出るようにしようね。とアドバイスをしてくれました。
そのたった一言で私の心は楽になりました。出産すると涙もろくなるとよく聞きますがまさにそれです。赤ちゃんはお腹が空いたよ~って泣いていたんだ。どうしてママの私がわかってあげられなかったんだろう。と思っただけで涙がでてしまいました。
赤ちゃんもママも初心者です。わからないことがあれば誰かに相談してアドバイスをもらうとすごく気持ちが楽になります。
“一人で悩まず周りに頼ること”子育て中は本当に大事なことです。
マッサージに通い指導を受けたことでおっぱいの出もよくなり赤ちゃんもぐっすり寝てくれるようになりました。しかし寝てくれるようになったといえど夜中の授乳は約3時間置きの間隔です。常に寝不足のような感覚で心にも余裕がありませんでした。
とにかく昼間に時間があるときは赤ちゃんと一緒にお昼寝すること!これがすごく大事です。でも大丈夫、いつまでも3時間置きの授乳の日々は続きません!必ず終わりがきます!
赤ちゃんも成長するごとに飲める量が多くなってくるので授乳の間隔も長くなり随分と楽になります。夜中もいつの間にか5時間連続で寝てくれた!なんて日がありました。卒乳するまでは赤ちゃんとママにしかできないスキンシップの時間です。今しかない大切な時間だと思って授乳してあげてください。

ABOUTこの記事をかいた人

長崎県在住25歳の新米ママです。 ただ今イヤイヤ期真っ盛りの2歳の女の子を育てています。毎日慌ただしく過ごしてますが、その中で娘から学ぶことが多く子育ての深さを実感しております。 今、お腹に2人目妊娠中でして次は男の子と判明!初めての男の子の子育てにドキドキしながら誕生をまっています。