難しいお年頃、8歳の女の子の子育て

長女が今年3年生、9歳になりました。
先日、期末懇談会があったのですが、先生に
「長女ちゃんはしっかりしてきましたよ」
と言われてびっくりしました。

1学期は『机の整頓ができる』という欄が『がんばろう』の評価だったのですが、最近はきちんと片付いていると言うのです。

そういえば、自宅の学習机の上も、ちょっと前までは常に山積みだったのが、最近では
「片付けて」
と言うと、数分できれいになるレベルになってきています。
まだまだ幼いところもありますが、9歳になってだいぶ落ち着いたなあ、と思うところです。

1年生は宇宙人

私には、小学校教諭をしている幼馴染が居ますが、印象的だった一言が
「1年生は宇宙人だからね」
でした。

確かに保育園を出たばかりだけれど、そんなにひどくは無いだろう、と苦笑しましたが、娘が1年生になって、初めてその意味が分かりました。

1年生になってまず変わるのが、自分1人で行動するようになります。
保育園などに通っていた今までは、大人が送り迎えをしなければなりませんでしたが、小学校には子どもだけで通います。

保護者は当然、まっすぐ学校に行き、帰ってくると思っていますが、それは大人の常識であり、実際はそうではありません。
聞いた話ですが、学校から
「お子さんが学校に来ていません」
と連絡があり、慌てて探し回ったら、家の近くのどぶで遊んでいた新1年生もいたとか。
何時までに学校に行く、という概念がそもそもないのですから、仕方ないかもしれませんね。

うちの長女も、1年生の4月に、夕方6時半を超えても帰って来ず、行き先もさっぱり分からないので、学校と相談し、警察に捜索願を出す羽目になったことがありました。
結局、遠くの友達の家についていってしまい、長居をした挙句、1人で帰れず友達が送ってくれるまで待っていたという始末でしたが。

そんな娘も、だんだんと『門限は何時まで』『行き先を言って出かける』などのルールを1年間かけてゆっくり身につけ、2年生になる頃にはほとんど心配なくなっていました。

自我が出てきた2年生


宇宙人を卒業してくれたのは良かったのですが、2年生頃になると、自我が出てくるのでしょうか?素直に言うことを聞いてくれなくなってきました。
もともと頑固なところがある長女ですが、『イヤ』を貫き通すようになっていました。

一番困ったのは、学校の宿題である『本読み』。
1年生から『本読み』はありましたが、2年生がこの課題が一番多いようで、国語の本の音読の他、足し算引き算の表だったり、掛け算の音読まで付いてきます。

量が多く、聞くほうも大変なほどですから、イヤになるのも分かりますが、宿題ですからやらなくて良いとは言えません。
夕食を作りながら
「本読みはしないの?」
「いつになったらするの!!」
と、何度も呼びかけ、良いときで不機嫌な顔でぶつぶつ本読み。悪いときはふてくされたり、テレビに夢中になってしまったりしてタイムアウト。

体力がない子なので、疲れが出てくる週半ば~後半はさらにご機嫌斜めです。
泣いて抵抗してコタツに突っ伏したまま眠ってしまったりもして、本読みをしない日が、週に1~2度はありました。

2年生の担任の先生は、我慢強く見守ってくれるタイプの先生だったので、怒られないのをいいことに、2年生の終わりまでそんなことが続きました。

褒めて育てる

『本読み』にしてもそうですが、私としては、もう2年生なんだから、やるべきことはきちんとできて当たり前!と思ってしまうのです。
ただ長女にしてみれば、重い腰を上げて頑張っても、何の評価も無ければ、頑張ろうと思うことはできないですよね。

ちょうど、次女も『魔の2歳児』のころです。
2歳は難しい年頃と分かっているので、イヤイヤが始まると、誉めそやしたり、別のことに気をそらしたりして、機嫌よくことが進むように仕向けていました。

嫌いなおかずが食べれたら
「まあ!!おりこうさんね~!!」
とオーバーに褒めたりする一方、長女が同じことをしても、もう8歳ですから
「いいんじゃない?」
ぐらいの褒め方です。

長女からすれば、そういうところに不公平さや不満を感じていたのだと思います。
反応が素直な子なので、
「次女ちゃんばっかり褒められてずるい!!」
と、率直に言ってくれるのですが
「だって、長女ちゃんはもう大きいでしょう?」
と、ついつい言ってしまいます。

でも、8歳だって十分子どもで、まだまだ甘えたいと思って当然なんですよね。
2歳児と同じように、褒めれば喜ぶし、気分良く事を運べるように、こちらが誘導してあげたほうが良かったんですね。

結局当時は、拗ねてしまった長女に、私のほうも大人になれず、機嫌が直るまで放置するしかありませんでした。

急ぐことが苦手


基本的にのんびり屋さんの長女は、特に朝の身支度と、ご飯を食べるのに時間がかかりすぎていました。
学校でも給食はいつも最後まで食べているようでした。

1年生の算数でも時計の勉強をして、時計を読めるようになっているので、
「○時○分までに終わらせようね」
というルールを作っていたのですが、ずっとおしゃべりしていたり、遊んでしまったりして、時間直前になって焦り出す、というのがいつものパターンでした。

夕食に関しては、時間までに食べられたら、ご褒美にデザートが食べられるシステムなのですが、さんざんダラダラしておいて、間に合わずデザートがもらえないと、逆切れして泣き出す始末。
「だから急いだほうが良いって言ったのに・・・」
と毎日のように言われていました。

9歳になって分かったのですが、個人差もあるとは思いますが、長女は食べる力がまだ十分でなかったように思います。
ギリギリになって急ごうと思っても、口にいっぱい詰めて、一生懸命噛んで飲み込む、という力がなく、急げなかったようです。

3年生になって急に食欲も旺盛になり、ご飯をおかわりしたり、好き嫌いが減ったり、体格もずいぶん良くなりました。
クラスメートを見ても、3年生になってびっくりするほど大きくなった子が多く居ます。
8歳の体力は、1年生に毛が生えた程度のレベルで、まだまだ成長の途中なのかもしれませんね。

最近の夕食も、だらだら癖はそのままで、時間が近づくと
「ヤバっ!!」
と言って、一気にかき込んで、何とか間に合わせてしまうので、ちょっとイラッとしますが、たくましく、要領良くなったものだなあと感心もします。

8歳は難しいけど、大事な年頃

小学校教諭の友達が言うには、2年生は難しい学年なのだそうです。
自我も出てやんちゃになってきますし、でもまだまだ見守りが必要な幼い面もあります。

それこそ、2歳児のように褒めて認めて伸ばしてあげることも必要だし、いけないことをしたら、全力で叱ることも大事だろうと思います。
この頃になれば、して良いことと悪いことの区別はつき始めます。
顔色を伺うこともできるので、怒られそうな人の前ではおとなしくできたり、逆に怖くない人と思えば、格好付けて逆らったりもします。
人目を気にし始めた証拠なので、相手にしすぎずさらりと交わしてやると、子どもにとってはつまらないので、そのうち止めてしまうことでしょう。

難しい年頃で大変ですが、寝顔を眺めたり、小さい頃の写真を見返したりすると、また可愛いと思えて、冷静に対応できるかもしれません。
体も大きくなってきて、口も達者で生意気ですが、まだまだ可愛い盛りと思って、愛情を持って接してあげるのが、一番の近道だと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

ひなりんママと申します。
小学3年女子、年少さん女子子育て中、もうすぐ第3子が産まれる気ままな自営業ママです。
仕事や家庭より、地域や学校、保育園などのボランティア活動に追われる毎日です。