子育てママは忙しい!自分の時間って何だろう?

子育てをしていると、本当に自分の時間が無いなあ、と思いますよね。
毎日毎日、家事育児に追われて追われて、
「ああ、今日はこれが終わらなかった!」
の繰り返し。
そんなことないですか?

私は主婦歴10年になりますが、10年間そんなことをやってます。あまり成長していません(泣)

そんな私ですが、追われることに変わりはないですが、最近ストレスを感じる事は少なくなってきました。

慣れなのか、諦めなのかは分かりませんが、そんな気持ちの変化を少し、お伝えできればと思います。

自分の時間が無いってどういうこと?

前にネットで見て、すごく共感した記事があります。

自分の時間が無いって、趣味の時間とか、自由時間のことばかりではないんですよね。
自分がしたい、家事や仕事すら自由にできない。
それが主婦の言う『自分の時間がない』なのだと。

子どもができて、赤ちゃんのうちは、赤ちゃんのペースに合わせて家事も後回し。
少し子どもが大きくなっても、ぐずれば家事を中断して相手をし、お風呂やご飯、はみがきも手伝わないと終わりません。反抗期になれば、なだめすかして説得する時間までプラスされます。

パパとの連携がうまく取れれば、まだ分担のしようもあるのですが、忙しくて帰りが遅くて手伝えない場合もありますし、ママに任せっきりでスマホをつついている残念なパパもいますよね。

私のある一日の記録


今は自営業で、自宅勤務の私ですが、次女が生まれる4年前まではフルタイムで働いていました。
その頃が一番、毎日大変だったと思います。

朝6:30 起床 
      長女の朝ごはん、主人の弁当、その日の夕食の準備
7:00  長女 起床 朝ごはんと着替え
7:30  主人起床 出勤 
      洗濯を干す
8:00  長女を保育園へ送り 
      出勤(1時間の車通勤で持ってきたおにぎりを食べ、メイク)

9:00  出社
18:30 退社
19:30 帰宅 朝作った夕食を祖父が配膳、長女、主人夕食済み
20:00 仕事の営業電話
      長女は祖父とお風呂へ
20:45 電話の合間に長女の歯磨き
21:00 長女寝かしつけ、そして寝オチ
22:30 主人に起こされ、主人にマッサージ
23:00 夕食、入浴、皿洗い
24:30 仕事の事務処理
25:00 就寝

この頃は、とりあえず最低限食事関連の用事を済ませるのに必死で、掃除はできないし、洗濯物も毎日はたためず、溜まる一方でした。

主人の父親と同居でしたので、夕食の配膳やお風呂洗い、長女のお世話などをお願いできたので、まだ何とか回っていましたが、そうでなければもっとぐちゃぐちゃだったことでしょう。
多くのご家庭は核家族で、夫婦だけで何とかされていると思うので、私はまだ幸せだったかもしれません。

仕事の電話は週に一度でしたが、ちょうど長女も反抗期。
タイミング悪く、祖父とお風呂に入れなかった時は、お風呂がいやだと逃げ回って30分。歯磨きがいやだと逃げ回って20分。風邪薬を飲まないので、説得に40分かけるも失敗!

本当に気が遠くなる毎日でした。。。

主人の無理解

主人が全く家事育児をしない人でしたので、精神的にも非常にストレスが溜まりました。

自分は何もしないくせに、洗濯や掃除が行き届いていないことに文句を言い、料理が手抜きだと不満を言うのです。
こちらも仕事をしているのだからと理解を求めてもムダ。
そのくせ、自分は力仕事だから自分のほうが疲れている、自分のほうが大変と主張してくる始末です。
主婦なんだからやって当たり前、時間が無いなんて言い訳だと言われました。
私は本当に大変な思いをしているのに、何で分かってくれないのだろうと、悲しくなりました。

当時は、性格なんだとか、主人の親がしつけとして家のことをさせてこなかったせいだ!とか思っていました。
いろいろあって、主人とは離婚しましたが、今思えば、私も家事育児を主人に割り振ることをせず、自分でしようとしてしまい、彼には私のしていることの全貌がほとんど分からなかっただけなのかもしれないと思います。

祖父がやってくれるから、というのももちろんありましたが、丁寧に家事を教え、やってくれたことに対して褒めて、感謝して、そういうステップを一切踏まなかったので、ある意味主人は蚊帳の外の人間になってしまっていたのかもしれませんね。

男の人の勘違い

現在は再婚して新しい家庭を持っています。
主人は周りの誰もが認める絵に描いたような良い旦那サマです(笑)
初婚で実家住まいだったので、家事経験はありませんが、率先して家事を覚えて、仕事も忙しいなりに、家に居る間はできることをしてくれています。

私はといえば、自営業に転職したので、フルタイムで働いていた頃よりは、時間の融通も利くようになりました。

そんな絵に描いたような良い旦那サマでも、あ、男の人の感覚ってこうなんだなと、気づくことがありました。
それは、忙しければ家事育児を後回し、もしくは放棄できるということです。

主人は結婚前から、子ども会の代表をしており、結婚してからは私もそれを手伝っています。
主要メンバーが少ないので、子ども会の事務作業から活動準備、当日の段取り、運営までほとんど私達夫婦でこなさなければいけない現状です。

普段は夕食後、子どもの相手や食器洗いを担当してくれる主人ですが、子ども会の資料作成など、用事が立て込んでくると、夕食後すぐに自分の部屋にこもってしまいます。
私は私で、別の用事を任されていたりするのですが、私はとりあえず、食器を洗い、子ども達を寝かしつけてから、やっと夜なべで用事に取り掛かることになります。

主人には悪気はないし、そんなときは余裕もなくしているので、あまり良くないですが何も言いません。
ただ、これが男女の違いなのかな?と思ったことでした。
多くの男性にとって、あくまでも家事育児は手伝うものであり、自分の仕事ではないのです。
自分が手いっぱいの時は、無理してしなくても良いという程度のものなのです。

女性の方は、残念ながら家事育児は後回しにできません。
それこそ洗濯物くらいはたたまずに溜めておけますが、子どもを放置はできません。
自分のことは後回しにして、とりあえず子どものことをしないといけません。たとえそれが、遊びの相手や、わがままに付き合うだけだったとしても、子どもにとって必要であれば、貴重な自分の時間を割かないといけないのです。

もちろん、これは母親だけがするべきことでなく、父親にも責任がありますので、本来ならばきちんと話をして、分担すれば良いのです。
今はまだ、実行できていませんが・・・

妊娠中の出来事


もうすぐ3人目の子どもを出産します。
新しい主人にとっては初めての子どもになります。
妊娠が分かると、主人はいろいろ勉強して、布団の上げ下げやお風呂掃除、食器洗いなど、体に負担のかかる家事を引き受けてくれました。
可能な限り、残業も控えてくれました。

主人が家事を引き受けてくれるので、体の辛いときは早めに寝かせてもらおう、と私は思っていたのですが、それが主人にとっては勝手が違ったようです。

主人としては、自分が家事を手伝って出来た時間を、私の休む時間ではなく『2人の時間』にしたかったようです。
「一生懸命頑張ってるんだよ?」
と控えめに言われてしまったので、
「ごめんよ、ありがとう」
としか、遠慮して言えませんでしたが、そうじゃないんだよなあと、内心思ってしまいました。

出血などの異常もまったくなく、つわりもほとんどなく、健康な妊婦ではありましたが、それでも体はだるいし疲れやすいし、普段どおりではないのですが、主人には元気に見えたのかもしれません。
理解はしてくれていたのかもしれませんが、それでも頑張ったご褒美的にかまって欲しかったのでしょう。

私ははっきりとした態度を取ることはできませんでしたが、やはりしてくれたことに対して、きちんと感謝した上で、体調が万全でないことは伝えるべきかと思います。
我慢の繰り返しがストレスになって、そのうち大ゲンカになるよりは、早めにきちんと伝えるほうがいいですもんね。

役割分担とタスク表

筆者は現在臨月です。
もうすぐお産のための入院なのですが、実家が近いこともあり、里帰りも2人の子どもを預けることもせず、家族で乗り切ることになりました。

両親は心配しましたが、主人がやるというので、私も不安はありますが、だったらと毎日の時間ごとのやることリストを作って貼り出すことにしました。

私がやっていること、子ども達の準備物、陣痛が来た際の段取りや、連絡先リスト、全部書き出してあります。

それに加えて、入院準備がなかなか整わない自分用に、やることリストを作って、時間が空いたときにリスト内の優先順位が高いものからこなして行く様にしました。

これは普段からあったら良いなと、やってみて思いました。

特に男の人は、マニュアルに強い人が多いので、何をやるべきかが明確ならば、それを確実にこなすことは得意な場合が多いのです。
長女は9歳ですので、書いてあることを読んで、自分も参加出来そうなことは、「これは私がやりたい!」
と張り切っています。

私は私で、いつお産が始まるか分からない中、何からやろう?とムダに悩むことなく、リストに書いたことをこなすことが出来ました。

産後もこの表を活用し、して欲しいこと、自分がやるべきことを、家族みんなで共有して頑張りたいと思います。

自分の時間って何だろう?

自分の時間がない!と辛くなるのは、自分の好きなことが出来ない、というだけでなく、自分の思うように事を進めることが出来ない時だと思います。

そんな時は、やるべきこと、やりたいことを明確にして、出来れば書き出して見るといいかもしれません。
すぐやらないでいいこと、やめて問題ないことは、どんどん消していきます。
子どもが小さいうちは、それでもやることがたくさんあって大変ですが、優先順位が決まっていると、リストの上3つくらいが出来ていれば、まあ自分を褒めてあげられるかな?という気持ちになります。

お産入院のやることリストの一番上に、私はこう書きました。

『出来なくても死にゃしない』

気楽が一番です。

ABOUTこの記事をかいた人

ひなりんママと申します。
小学3年女子、年少さん女子子育て中、もうすぐ第3子が産まれる気ままな自営業ママです。
仕事や家庭より、地域や学校、保育園などのボランティア活動に追われる毎日です。