子育て中のネイル、みんなどうしてる?

最近のママは、ファッション、髪形、メイクなどとってもおしゃれですよね。マタニティ服、授乳服なども、機能的かつおしゃれなものがたくさん出てきています。
ママになっても、おしゃれ心を忘れない、というのは、ママ自身にも大事なことですし、パパにとっても子どもにとっても嬉しいことではないでしょうか?

そんな中で、賛否が分かれるのが、ネイルについてだと思います。
妊娠前にネイルが大好きだった人も、赤ちゃんへの影響を考えてお休みしたり、産後も赤ちゃんのお世話のため、一定期間遠慮している人も多いようです。
ママになってもネイルを楽しむには、何をどう気をつければいいのでしょうか?

妊娠中のネイル

妊娠が分かると、ネイルをお休みするママが多いようです。
つわりなどで、マニキュアや除光液の強いにおいがダメになる人もいます。
また、マニキュアにはいろいろな有機溶剤が使用されています。有害とされているものはもちろん使われていませんが、特に妊娠初期には、赤ちゃんの臓器や脳神経などが作られる大事な時期です。
有機溶剤は、大量に体に入らなければ、胎児の成長に影響することはないと言われますが、それでもママとしては、体に入るものには敏感になりますよね。

また、病院からマニキュアの使用を禁止される場合もあります。
検診や産後入院などでは、医師や看護師は顔色や爪の色で、体調を看る場合があります。また、帝王切開や具合が悪くなった時などに、爪のところに機械をつける場合があるそうで、その際ネイルをしていると、正確に測定できなかったりするそうです。
お産が近づくと、ネイルを落とすように病院から言われることが多いようです。

産後のネイル再開時期は?

妊娠中に我慢したから、産後はすぐにでも!と思っても、そうはいかないのがママ。
ネイルをしていると、爪が長めだったり、ストーンなどの飾りが付いていたりして、デリケートな赤ちゃんの肌を傷つけてしまう恐れがあり、赤ちゃんのために遠慮するママがほとんどのようです。
授乳などの際、赤ちゃんはママの指を舐めたりもしますので、マニキュアの成分が体に入る心配もあります。
また、ネイルをするには、赤ちゃんから離れ、左右全部の指に塗って、乾かしてと、かなりの時間がかかります。
お店でやってもらうにしても、2時間くらいは軽くかかりますので、赤ちゃんが小さいうちはなかなか難しいようです。
産後のネイル再開は、平均して赤ちゃんが1歳前後の頃のようです。
パパも育児に慣れてきて、2~3時間くらい面倒をみてもらえるようになってから解禁、というママが多いみたいですね。

ママのネイル、気をつけることは?


赤ちゃんのお世話も少し楽になって、さあネイル再開!となっても、やはり妊娠前と同じようにはいきませんよね。
まだまだ授乳やオムツ替えなどのお世話や、離乳食作りもあるので、お世話や家事の邪魔にならない方法を取らないといけなくなります。
ネイルをするときは、綺麗に見えるように、爪は指先から1~3mm出るくらいが理想だそうです。
ただ、子育て中のママは、赤ちゃんを傷つけないよう、短めの爪でネイルを楽しむ傾向にあるようです。
長い爪は赤ちゃんのお世話に危ない他、お料理などすることを考えても、邪魔になったり、爪の間に汚れが入りがちだったりするので、衛生的ではありません。
最近では、ショートネイルと呼ばれる新スタイルもあります。短い爪を生かしたデザイン、可愛さで、育児中ママや、仕事柄爪を伸ばせない人にも人気なのだそうです。
長い爪でなければ、爪の間までしっかりと手を洗ったり、衛生面や安全に気をつけることで、十分おしゃれなネイルを楽しめますね。

ジェルネイル

ジェルネイルという手法もあります。
ジェルネイルとは、アクリル樹脂(=ジェル)を使用したとろりとした液体を爪やネイルチップに塗って作るネイルのことです。
乾かす時はUVライトを使用し、主にネイルサロンなどでしてもらうようになります。
ストーンなどの飾りをつけても、上からジェルでカバーして、しっかり固めるので赤ちゃんにも安全ですし、簡単に取れないので、誤飲や料理などに混入するリスクも少なくなります。
安全でいろんなデザインを楽しめるジェルネイルは、ママの強い味方です。

私のジェルネイル体験

私自身は、ネイルはほとんどしたことがありません。
嫌いではないのですが、爪の形がまん丸で短い、いわゆる栗爪というやつで、マニキュアを塗っても全然似合わず、げんなりしてしまうので、一切していませんでした。
一昨年、披露宴を挙げたのですが、式場のプラン内のヘアメイクの中に、ネイルも含まれていました。
普段しないので最初抵抗があり、断ろうとしましたが、せっかくの機会なのでと勧められ、ジェルネイルをやってもらいました。
慣れていないことを伝えると、色は控えめなピンク、ストーンは全部の指でなく、10本中5本の指にして、家事などに支障がないように気を遣ってくださいました。
爪のお手入れに始まり、1本1本丁寧に塗っては乾かし、美容室を予約して2時間弱かかりましたが、私の短く横長の爪でも、すごく綺麗に仕上がってびっくりしたのを覚えています。
娘達も「可愛い!ずるい!」とうらやましがり、私も視界に入るたび、ウキウキしたのを覚えています。
ジェルネイルを取るには、専用の除光液が必要らしく、式終了後、取りたくなったら美容室に来てくださいとのことでした。
料理などの際、邪魔にならないかな?と心配しましたが、冬場でしたので食器洗い等はゴム手袋をして、寒いのでお米も米砥ぎ用しゃもじを使っていたので、特に不便はありませんでした。
1ヶ月弱くらい経った頃から、知らないうちにポロリと取れるようになりましたが、それまでにオフするか、お手入れし直したりすれば全然問題ないなと思いました。
ママもおしゃれになれるジェルネイルって素敵だなと気づいた、良い体験でした。

保育園や小学校、参観日でのネイル


お子さんの行事に参加する際、ネイルはしていてもいいのかどうか、悩みますよね。
昨今では、あまり派手な色やデザインでなければ、ネイルもファッションの一部として認められてきています。
が、おじいちゃんおばあちゃん世代には、まだまだネイルに良い印象を持たない人もいらっしゃいますよね。
地域にもよると思いますが、私の保育園、小学校では、参観日などは普段着で来られる方がほとんどです。
普段からメイク、ネイルもばっちりされている方はそのままいらっしゃいますし、特にかしこまった服装の方も居ないので、私も気楽に普段着で行かせてもらっています。
でもちょっと隣町に行くと、ママの服装や印象もガラリと違ったりするので、地域によって差がありそうです。
また、保育園の場合、わが子以外の小さいお子さんに触れる機会があるかもしれませんので、長い爪や尖った飾りなどがあるデザインは、周りからちょっと不安がられるかもしれませんので、注意が必要ですね。

入学式、卒業式などでのネイル

保育園などの入園式、入学式などでは、ネイルはどうしたらよいでしょうか?
手元のおしゃれの一部として、ネイルもダメではないと思います。
ただ、色やデザインなどは、華美でなく、ナチュラルなものが好まれます。
ベージュや薄いピンクなど、清潔感のある色で、飾りもあまり無いほうが良いようです。あまり派手だと、そこだけ浮いてしまったり、品がない印象になっても困りますよね。
スーツなどに合う、清楚で控えめなネイルなら、おしゃれ上手なママとして、一目置かれそうですね。

まとめ

子どもが小さいうちのネイルは、何かと気を遣いますが、ママだって我慢ばかりでは息が詰まります。
パパや子ども達だって、ママにはいつまでもおしゃれで居て欲しいはずです。
安全や衛生面にはもちろん気をつけなければいけませんが、ストレス発散に、自分へのご褒美に、ネイルでのおしゃれをいっぱい楽しんでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

ひなりんママと申します。 小学3年女子、年少さん女子子育て中、もうすぐ第3子が産まれる気ままな自営業ママです。 仕事や家庭より、地域や学校、保育園などのボランティア活動に追われる毎日です。