年の差があっても大変。2人目の子育て

現在9歳の長女が5歳半の時、次女が生まれました。
学年で5つ、年の差はほぼ6つ離れています。周りからは
「お姉ちゃんが大きいから楽でしょう?」
とよく言われましたが、実際はそうでもありませんでした。

産休中はママとべったり

私がずっとフルタイムで働いていたので、保育園の送り迎え、遠足などまで、全ておじいちゃんにお願いしていました。
産休に入って、長女にとっては初めてママとゆっくり過ごせる時期。毎日本当に嬉しそうでした。
初めて一緒に遠足に行き、買いたての補助輪つき自転車で一緒に通園。
「ママ、走って~!」
と言われ、臨月のお腹で必死に追いかけて走る姿を見て、ご近所の皆さんに
「お母さん、大変ね~。」
と苦笑いされたことでした。
そんな毎日だったので、長女にとっては赤ちゃんが生まれる、という事実より、私と毎日一緒に過ごせるようになった喜びのほうが大きかったようです。

赤ちゃんに興味なしの長女

そんな中で次女が産まれたので、私にとってまず勝手が違ったのは、長女が妹に興味を持たなかったことでした。
ミルクやオムツ、遊び相手など、ちょっとしたお手伝いをしたがるんじゃないかと、少しは期待をしていたのですが、そもそもやってみたいという気持ちがなさそうでした。

「お姉ちゃんにミルクもらいたいみたいよ~?」
などと誘導してみても、
「え~~」
と興味なさそうで、しぶしぶやってみても、飽きっぽいので1分で終了。

今思えば、してくれたことに対して、もっとオーバーに褒めたり、感謝を伝えたりしていれば、嬉しくなって積極的に関わってくれたのかな?と思わないでもありません。
その時は、無理強いしても逆効果だと思い、興味を持つまで待つことにしました。

年長さんの赤ちゃん返り

5年半の長い間、1人っ子として親の愛情を独占してきた長女は、いつまでも自分を赤ちゃん扱いして欲しがるところがありました。

おっぱいはさすがに欲しがりませんでしたが、横抱きの抱っこをして欲しがったり、何をしても
「次女ちゃんばっかりずるい!」
と言うのです。
次女が3ヶ月になる頃には、長女はもう年長さんだったので、何でも
「自分でやってみなさい」
と言われます。

一方で赤ちゃんの次女は、泣けば抱っこしてもらえるし、ご飯もお風呂も自分でしなくて良いのですから、長女にとっては不満ですよね。
私も、(もう大きいし、自分でできるんだからしてよ!)と、ついイライラ。
「ごはん、あ~んしてーー!」
と甘えてみては怒られ、拗ねて食事が進まないと、また怒られる。
負の連鎖と分かっていながら、私もつい怒ってばかりになります。

でも考えてみれば、年長さんだって、まだまだ5~6歳。
1人っ子だったり、妹、弟である子は、甘えたって許されているはずなんですよね。
妹ができたからって、急にお姉ちゃんになれるわけでもなし、自分でできるようになる訓練も大事ですが、たまには甘やかしたって良かったんですよね。

2人遊びが始まると・・・


妹を可愛がるようになったのは、次女が
「ねえちゃん」
と呼びかけるようになった1歳半くらいからようやくでした。

次女は明朗で、機嫌が良いことが多い子なので、長女があやすと
「キャッキャ!」
と喜ぶので、長女もやりがいを感じたようです。

定番ですが、2人目のおもちゃはほぼほぼ姉のおさがり。
「次女ちゃん~、新しいおもちゃだよ~」
と、長女が昔遊んだおもちゃを出してくると
「あ!それは長女ちゃんの!」
と、次女より先に取りにくる長女。
(対象年齢1歳のおもちゃですけど・・・)
と若干あきれましたが、長女にとっては、そのおもちゃで遊びたい、というよりは『自分のもの』という意識がまだあったようです。

同じ部屋で、長女は長女の好きなおもちゃで遊び、別のおもちゃで遊ぶ次女を、大人が危なくないように見守る。
まだまだ子守は難しいなと思ったことでした。 

5歳差のケンカ

5歳離れていても、ケンカは意外と対等です。

仲良くごっこ遊びをしていると思ったら、
「ねえちゃんがたたいた~!」
「次女ちゃんが先にやった!!」
と言いあげてきます。

私自身、2歳差の妹がいる長女で、子どもの頃は妹が大事でたまらず、何でも妹に譲っていたものでした。
だから、長女も当然同じ感覚でいるものだと思っていたのですが、どうもそうではないらしいです。

おもちゃ一つとっても、貸す貸さないで大ゲンカ。
子どもは誰でもそうかと思いますが、自分の持物には強いこだわりがありますよね。
たとえ今、自分が必要でなくても、『貸して』と言われると絶対貸したくなくなるようです。
おもちゃを引っ張り合って、叩きあいのケンカになることもしばしば。

「お姉ちゃんなんだから譲ってあげたらいいでしょ?!
 いくつ離れてると思ってるの!!」

と、つい長女を嗜めます。
5歳も離れているんだし、という気持ちと、やはり自分だったら譲るのに・・・という、長女としてこうあって欲しいと願うところがあるんですよね。

でも、2人の年の差も、長女次女の順番も、一生このままなのですから、私の論理で行くと、長女は一生譲り続け、次女はずっと我慢しないで良いことになりますよね。

ケンカして、お互い主張し合ったり、相手の出方を見たりも社会勉強。
ある程度は目を瞑りながら、できるだけ口出ししないように、見守っています。

保育園児 vs 小学生

最近では、長女が小学3年生、次女は年少さんとなり、お互い言葉でのコミュニケーションが取れるようになりました。
家ではひっきりなしにどちらかがしゃべり、壊れたスピーカー状態の我が家は、大変にぎやかです(汗)

お互いがしゃべるということは、互いに主張しあうということ。
特に次女は、第1反抗期と言われる『悪魔の3歳児』
何でも「イヤだイヤだ!!」と言って、反抗してきます。
イラッとしますが、そこで怒ってしまっては逆効果と、一度は抑えてみますが、なにぶん気が短い私、
「いい加減にしなさい!!言うことを聞きなさい!!」
とつい上から目線・・・

最近は、次女のお風呂は長女が一緒に入って面倒をみてくれるのですが、気に入らないとすぐにかんしゃくを起こす次女に、毎日手を焼いているようで・・・
「もう!!いい加減にしなさい!!言うこと聞いてって言ってるでしょ!!」
「イヤだイヤだ!!おねえちゃんなんかだいきらいーー!!」

長女の口調は、まさに私そのもので、大反省。
まさに『人のふり見て我がふり直せ』ですよね。

長女がヒートアップしているのを聞いていると、大人げないなあとか、次女の気をうまくそらすように持っていけばいいのに、と冷静に考えられるのですが、
実際私も、やっていることは、9歳長女と同じレベル。恥ずかしいですね。
むしろ、9歳が頑張って3歳の面倒を見ていることは、立派だと褒めてあげるべきことなんだなと、思い直したことです。

2人目育児は大変だけど

私が2人目育児を始めたのは、上が5歳の時なので、長女が自分でできることも多く、まず自分で立って歩いてくれている時点で、年子や2歳差育児よりも楽をさせてもらったと思います。

ただ、2人目育児は労力で言えば、×2ではなく、2倍よりはるかに大変です。
2人別々の人間が、別々に用事を作ってくれるからです。
2人要ると、今まで無かったケンカなどのトラブルも起こしてくれます。

でも、次女を産んでよかったなと思うのは、長女の成長を感じた時です。
ケンカもしながら、妹を可愛いと思ったり、上手に駆け引きができるようになったり。

家庭に居ながら、人と接する方法を学んでくれているなあと感じます。
「おねえちゃんだいすき!」
と抱き合っている姿を見て、2人だからこその幸せだなあと思うことです。

ABOUTこの記事をかいた人

ひなりんママと申します。
小学3年女子、年少さん女子子育て中、もうすぐ第3子が産まれる気ままな自営業ママです。
仕事や家庭より、地域や学校、保育園などのボランティア活動に追われる毎日です。