2ヶ月の赤ちゃんの子育てポイントとは?

赤ちゃんの成長は本当に早いものですよね。
昨日出来なかったことが今日は出来るようになったり…
赤ちゃんの生きる力って本当にすごいですよね!
特に生まれてからの1年間は、急成長の時期で、毎日様子が違ってくるものです。
そこで今回はその中でも、生後2ヶ月の赤ちゃんの様子をご紹介していきたいと思います。

2ヶ月の赤ちゃんの様子

2ヶ月の赤ちゃんの成長の様子

生後2ヶ月の赤ちゃんの身長の目安は、男の子が約54~63㎝程で、女の子は53~62㎝程です。
体重は、、男の子が4.4~7.2㎏程で、女の子が4.2~6.7㎏程です。
体重の増加が大きく、1か月に1㎏前後増え、体つきがふっくらとしてきます。

2ヶ月の赤ちゃんの食事の様子

2ヶ月頃になると、授乳感覚が少しずつあくようになります。これは、赤ちゃんの哺乳力が強くなり、同時にママのおっぱいの出も良くなることから、一度に飲める量が増えていき、お腹がすく感覚も長くあくことが出来るようになるのです。
でも、まだまだ食事のリズムが出来るには早いので、赤ちゃんが欲しがるようであればあげて良いと思います。
ミルクは1度に150ml程飲めるようになってきます。これを1日6回程度を目安にあげると、1日のトータルが900ml前後になります。ただし、あくまでも目安なので、赤ちゃんの様子に合わせて与えてあげて下さい。

2ヶ月の赤ちゃんの睡眠の様子

それまで頻繁に夜中起きていた赤ちゃんも、徐々に起きる回数が減り、夜の睡眠時間が長くなる子が増えてきます。ただ、これには個人差があり、何度も夜泣きをする子もまだまだいます。
逆に、昼と夜が逆転してしまうようなケースもあります。このような場合は、昼間はなるべくカーテンを開けて明るくしたり、ベランダや庭などで外気欲をしてあげ、夜は部屋を暗くするなどして、昼と夜の区別を教えてあげるのも良いでしょう。

2ヶ月の赤ちゃんの体の様子

この頃になると、湿疹が見られる赤ちゃんが増えてきます。この時期に多い湿疹は、「乳児脂漏性湿疹」といって、頭皮や眉毛、髪の毛の生え際などに出来る、黄色っぽいかさぶたのようなものが出来る事を言います。この湿疹が生まれてから初めてのデキモノの場合が多く、驚くママたちも多いのですが、心配はいりません。これは、生まれて間もない赤ちゃんは皮脂分泌が多く、これが汚れと混ざって固まってしまい、皮膚にこびりついてしまう事が原因です。赤ちゃん特有の過剰な皮脂分泌が原因なので、安心してください。ケアの方法としては、無理に剝がそうとはぜずに、ベビーオイルでふやかし、お風呂でそっと流しとるのがコツです。皮脂の過剰分泌が治まる3ヶ月頃になれば、徐々に見られなくなるので、無理にキレイにしようとしなくても大丈夫です。
うちの子も、2ヶ月頃に頭皮にかさぶたのようなものが出てき始めて、初めてみた時にはビックリしました。お風呂に入った時、ガーゼでこすり落とそうとすると、頭皮が赤くなってしまったので、無理に取ろうとすることは間違いだったようです…予防接種の時に、ついでにお医者さんに聞いてみると、やはり乳児脂漏性湿疹でした。ベビーオイルで十分にふやかした後、お風呂の際にお湯で流してあげると徐々にとれていくということなので、早速行ってみると、本当に取れました!でも、うちの子は広範囲にわたってかさぶたのような状態になっていたので、全体的にキレイに取れるのに1カ月近くかかりました。一気にきれいにしようとするのではなく、徐々にキレイに取っていく程度で大丈夫なようですよ。
又、赤ちゃんの肌は敏感で、特にこの2ヶ月から3ヶ月頃にかけては、上記でもお話しした通り、皮脂の分泌が非常に多い時期で、逆に3か月以降になると乾燥肌になってしまう事が多いので、それぞれに合ったケアが必要になってきます。
季節に合ったケアクリームなど使ったり、おむつをこまめに交換して常に清潔に保つことが肌トラブル予防になります。

2ヶ月の赤ちゃんの動きの様子

2ヶ月頃から、だんだんと首が座ってくる子が増えてきます。少しの間なら、頭の後ろを支えてあげながら縦抱きをすることも可能です。
目も少しずつ見えてくるようになり、自分の手を見つけたり、げんこつにしてなめる仕草も見られるようになります。又、近くで色がはっきりしたおもちゃなどをゆっくり動かすと、目で追う事も出来るようになります。これは、視野が広がり、興味のあるものに目を向けるという好奇心が育ってきた証になります。
又、表情が豊かになってきます。あやしたりすると、笑顔を見せてくれてり、「アウン」といった喃語が出で来ることもあります。声を掛けると、首を回して声の方向を向いたりするようになっていき、パパやママに遊んでもらえる嬉しさを感じているようです。

この時期のママはここが大変!

どっと疲れを感じる時期

2ヶ月頃になると、ママの体も回復し始めてくる時期ですが、一気に疲れが感じられる時期でもあります。生まれてからは「しっかりやらなきゃ!」という思いが強く、夜中の授乳や泣き止むまでの長時間の抱っこなど、どこか気力で頑張っていたところがあったと思いますが、育児にも慣れ、生活のリズムが徐々に落ち着いてくるこの時期にくると、気が抜けてしまいどっと疲れてしまうママたちが多いようです。
私もこの2ヶ月頃に、それまで楽しくてしょうがなかった育児が初めて辛く感じてしまいました。家から出られない事や自分のしたいことが全くできないことをストレスに感じてしまい、涙を流して育児をしていました。日々の睡眠不足や疲れからの食欲不振により、体調を崩してしまいました。でも、赤ちゃんを連れて病院にはいけないし、行けたとしても授乳中なので薬は飲めないし…このような事も重なり、辛く感じる日々が続きました。でも、両親をはじめ、先輩ママ友から、「今の時期辛いんだよね…でもここを踏ん張れば楽しいことが待ってるから!」とアドバイスしてくれました。この時感じたのは、「みんな同じ道を通っているんだ」という事です。私だけじゃないと思えるようになってから、気持ちが楽になりました。
なので、この時期に「辛いなぁ…」と感じているママも、気を落とさずに頑張りましょう!たまには、パパや両親に預けて散歩をしたり、ショッピングをするだけでもリフレッシュできますよ。「子供のために頑張らなきゃ」と思うのではなく、「子供の育児を楽しくするためにはどうしたらよいか」を考えてみてはどうでしょうか。ママが笑顔でいることが、赤ちゃんの気持ちの安定にも繋がります。

抜け毛が多くなってくるママも

よく「産後の抜け毛」という言葉を聞きますが、時期的には2ヶ月頃から始まるママが多いようです。これは、ホルモンバランスの影響により起こる現象で、妊娠中に抜けるはずだった髪の毛がホルモンの影響により抜けずにそのままになり、産後その抜けなかった分が一気に抜けるという仕組みになっています。なので、本数的には抜ける数はさほど多くなってはいないのですが、一気に抜けてしまう事で多く抜けてしまっている感覚になり、ショックを受けるママが多いのです。女性としては本当にショッキングな出来事ですよね。でも、この抜け毛も4か月ごろまでには落ち着いてくるので、あまり心配することはありません。

赤ちゃんがなぜ泣いているのか分からない

新生児の赤ちゃんに比べて、だんだんと大きな声で泣けるようになってきます。また、初めの頃は寝ているだけだった赤ちゃんも、昼間長い時間起きていられるようになり、いろんな感情を感じるようになってきます。おむつが汚れている、お腹が空いた、暑い寒い、ゲップが出ずに苦しい、眠い、痛いかゆい、喉が渇いたなど、いろんな感情を表すたびに大泣きします。そうするとママは、どうして赤ちゃんが泣いているのか分からずに困ってしまいます。でも、分からなくていいんです。試行錯誤しながら、だんだんと分かってくるものです。この時期泣くのは、生理的な不快感で泣くことが多いので、困った時は、とりあえず思い当たるケアをしてあげましょう。

この時期のママが幸せを感じる時

あやすと笑顔になるかも…!

上記でもお話しした通り、この頃の時期になると表情が出てくる赤ちゃんもいます。あやすと笑ってくれたり、反応してくれたりと、大変なお世話の中でも癒される瞬間です。目もぼんやりと見えてくる時期なので、誰かが近づいてきた程度なら赤ちゃんも分かり、声でママだと分かり大喜びする赤ちゃんもいるようです。赤ちゃんがどうしたら笑ってくれるかをいろいろと試しながら模索するのも、日々の育児の中の楽しみの一つになるかもしれませんね♪

成長を感じられる時期

新生児の時は、ほとんど眠ることが大半だった赤ちゃんも、活動時間が長くなり、活動することも増えてくる時期です。赤ちゃんとの関われる時間が多くなるので、様々な発見があると思います。手を自分の口元に持っていき、げんこつにしてなめる仕草や、両手を組み合わせ、感覚を確かめる「ハンド・リガード」という作業をする様子などから、成長を感じられることが多くなるでしょう。また、ママやパパなどの聞き慣れた声にも反応してくれるので、声掛けがさらに楽しくなると思います。

ママになって2ヶ月 おめでとうございます!

2ヶ月の赤ちゃんの様子や、2ヶ月のママの様子をご紹介していきました。
妊娠中、思い描いていた子育てライフと比べて、いかがですか?思い通りのママになれていますか?それとも、想像以上の大変さに戸惑っていますか?
私の2ヶ月頃は、理想の母親像とのギャップに、自分を責めてしまう毎日でした。「母親ならもっと完璧にやらなきゃいけない」、「こんなはずではなかった…」と思い悩む日々…でも、それを見かねた主人がある言葉を掛けてくれました。
「ママになって2か月目、おめでとう!赤ちゃんのお世話が上手になってきたね」
その言葉を掛けられたとき、ホッとしました。
私はまだママになって2ヶ月なんだ。だから失敗してもいいんだ。完璧になんてやらなくていいんだ!まだまだ私はママ歴の浅い新人なのだから!
そう思ったら、気持ちが本当に楽になり、辛く感じていた育児が楽しくなってきました。
大切な赤ちゃんのために一生懸命頑張る事はとても素敵な事です。母親としてとても大切な事だと思います。でも、頑張り過ぎないでください。ママになってまだ2ヶ月なのですから、いろいろ失敗して、悩んでいいんです。そうやっていくうちに、だんだんと母親になれていくのです。
ママの笑顔が、赤ちゃんの成長に必要不可欠です。どうか、赤ちゃんのためにも笑顔で、育児を楽しんで下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。現在3歳の息子と5カ月の娘の育児真っ最中の専業主婦ライターです。 出産前は幼稚園教諭として働いていました。 実際に子供を育てて、成長の嬉しさや育児の大変さなどを日々感じています。 子育てで悩んでいる方、これから子育てが始まる方が楽しく育児が出来るような記事を発信できたらと思っています!