4歳の女の子はお姫様?わがままと向き合う子育て。

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

あ~!もう!

この靴下は嫌なの!自分で選びたかったの!
ご飯じゃなくてパンがいいの!
朝の忙しい時間に始まるこんなお姫様のわがまま。
じゃあ食べなくていい!!!と逆に感情を爆発させてしまうお母さま方も多いのでは?
お弁当を作りながら朝ごはんを準備し、下の子のお世話をしている超忙しいお母さんのイライラスイッチをポチッと押してしまうこのわがまま。
スーパーでお買い物をする時だってこのわがままが出てきたらさあ大変!
買い物も進まず、周りにはじろじろと見られる中、大きな声で泣かれたらほとほと疲れますよね。
2歳児のイヤイヤ期とはまた少し違い、口も達者になり、力も強くなり、ある程度のことが理解できる4歳。理解できるはずなのに、反抗的な態度をとりはじめ、納得してくれない。今まで見たこともないような目つきで睨みつけてきたり、ふん!といって言う事を無視したり。
この間まで「ママ、だいしゅき。」と可愛らしい声で言っていた我が子の口から「ママなんか嫌い!」とストレートパンチをくらった時には、私もなんだか切ない気持ちになっていました。一生懸命子育てをしているはずなのになぜ?と悲しくなりますよね。
私はパートをしながら4歳の長女は幼稚園へ、下の子は2歳の男の子で保育園に送り出していました。夫は子供が起きる前に出勤することも多く、子供たちが起きてから幼稚園や保育園に送り出すまでの準備をほとんど私が一人でしていました。4歳ともなると、食事や着替え、洗面は自分でできるようになってくると思いますが、下の子に手がかかる分、お姉ちゃんである長女に対しては、一人で身支度はできるだろうという親の期待値が勝手に上がってしまいます。しかし、起きてくるなり早く起きていた弟にむかって、「私が先に早く起きたかったのに~!」と謎の対抗心を燃やし、「この髪の結びは嫌だ!」などと、次々に出てくるわがままや女の子ならではのこだわり。あ~!もう!こうしたかったのに~!と始まると、私も、あ~!もう!とよくイライラしていました。

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎在住の27歳。5歳の女の子と3歳の男の子を育てるパート主婦。 日本の日向、宮崎でマイペースに生活していますが、子育てや世の中について日々思うことを、私なりの言葉で発信させてください。 読者の方が読んだ後に、「明日も頑張ろう!」と思えるような記事を目指してがんばります♡