子育て中の貯蓄、みなさんどうしてますか?

子育てにかかる費用

子どもを大学にまで行かせようと考えると、私立理系の大学に行くと、学費は年間150万位かかります。しかも入学時は入学金だけで100万円以上。学費だけで考えても、月額10万以上余分な支払いが生じることになります。

もし一人暮らしをするのならば、引っ越し費用や生活費もかかるし、通いであっても大学が遠ければ月に2~3万かかる場合もありますよね。いくら奨学金を借りてアルバイトをしてもらったとしても、全く足りる気がしません。やはりある程度まとまった貯蓄がないと、いざ進学するというときにお金の問題で頭を抱えながら生活しなければならないのは、辛いですよね。

分かっているけれど、日々の生活費の中から貯蓄分を捻出するのは、そう簡単ではありません。つい、宝くじ当たらないかなあ~なんて思ってしまいますよね。では、みなさんどのようにして貯蓄を行っているんでしょう。

貯蓄に適した時期

まず貯蓄に適した時期ですが、できれば子供が小さいうちに行いたいものです。高校以降は、私立なら学費、公立でも予備校代と、教育費が中学から比べるとぐんとあがります。また高校生となるとおこずかいもある程度欲しいでしょうけれど、アルバイトは校則で禁止されている場合も多いのです。

妊娠・出産には準備費用も含め何かと物入りですが、子供が赤ちゃんのうちはミルク代とおむつ代くらいしかかからないし、子連れだとお出かけできる範囲も制限されて、気が付くと娯楽費が節約できていたりします。また幼稚園・小学校でも、少しずつ食費や教育費はかかってはきますが、習い事や私立に通わせるのでなければ、それほど大きな出費はありません。

また小さいころは、市町村により金額は異なりますが、医療費は無料またはかなり安くなっているはずです。しょっちゅう病気をして病院通いが続いても、大した金額にはなりませんし、万が一入院しても数百円で済んでしまったりします。

幸運なことに私自身はあまり病気をしないのですが、久々に病院にいったりすると、その請求金額をみてつい「高っ!」と心の中で呟いてしまいます。子供が高校生くらいになって補助がなくなったときに、部活で怪我をした、自転車で転んだなどで通院することになると、その出費はけっこう家計を圧迫することになりそうですよね。
上手に貯蓄するにはどうしたらいい?

子どもが小さいうちに貯蓄した方がいいのはわかっている、でもなかなかできないのよ~、という方も多いのではないでしょうか。私もそのうちの1人ですが、他のお母さん方がやっている方法も含め、貯蓄法をいくつかご紹介しますね。

貯蓄方法① 学資保険

まずは学資保険。子供が産まれたら、なるべくすぐに入った方がいいと勧められます。いろんなタイプのものがあるのですが、うちが入っているのは中学・高校入学の年、満期前に解約せずとも一部御祝い金としてお金が出せるタイプのものです。満期の時に戻ってくるお金の率は、他の保険と比べるとちょっと少ないですけどね。

またその保険は私の名前で入っていて、生命保険のかわりにもなっています。親に万が一のことがあったらその後の支払いは免除されるということで、主人はもともと別に生命保険に入っていたため私の名前で入りました。毎月引き落とされるし簡単には解約できないので、とりあえず入っておくと安心です。

貯蓄方法② 児童手当

それからよく皆さんがやっているのは、児童手当には手を付けずにそれをそのまま貯蓄に回すというもの。もともと子供のお金だと思うと手を付けるには罪悪感が残りますし、だったらいっそ使わずにとっておこうという訳です。うちも、ちょうど臨時出費と重なったときは使ってしまうこともありますが、大部分貯蓄に回すようにしています。

ただしかし、この政策もどうなんですかね。児童手当とはいっても渡されるのは親ですから、それが必ずしも子供のためにつかわれているとは限らないじゃないですか。各家庭にお金の管理を任せるんじゃなくて、ちゃんと国として、本当に勉強したいという子供を援助できる制度を作ってほしいと、個人的には思います。

もちろん奨学金制度とかもありますが、それを返済するのも結構大変なんです。私自身も奨学金をもらっていましたが、今でも支払いが終わっていません。それでも、当時は助かりましたからありがたい制度だと思っています。でもろくに授業を受けず、バイトもせず、5年も6年も在籍し続けていた先輩を見る一方、自分のバイト先で専門学校に行くためのお金を貯めるために働いている子がいたりすると、複雑な心境になります。

貯蓄方法③ お年玉や御祝い金

ちょっと話がそれましたが、児童手当のほかに貯蓄するタイミングがあります。それはお年玉や子供の日などのお祝いごとの時。最近は少子化で、少ない孫にどうにかお金をあげたいと思っているおじいちゃんおばあちゃん、また親戚のおじさんおばさんがいたりすると、ちょくちょくお金を貰える機会があるものです。

だからといってその度に高いおもちゃを買い与えるのもどうかと思いますよね。ですからその一部はちょっと使ったとしても、残りは貯蓄に回しておくと、少しずつですが貯まってきます。全部貯蓄だと子供もくださる方もつまらないので、ちょっとはおこづかいに回してもいいと思います。

貯蓄方法④ パートやアルバイトの給与をあてる

子どもが小学生になると、短時間のパートや短期のアルバイトなどもできるようになってきます。そうした収入を全て貯金に回せば、結構貯められますよね。ただうちはもともと共働きでやってきているので、給与が増えない限りなかなか貯金額を増やすことができないんですが。

今はパソコンがあればできる在宅ワークも増えてきています。ちょっとした隙間の時間にコツコツと積み重ねるだけでも、子供が小学校を卒業するまでの6年間あれば結構まとまったお金になりますよね。ただしあまり自分のストレスになりすぎないようにしましょう。

貯蓄方法⑤ 払い終わった奨学金返済分や、ふとしたことで浮いたお金を貯蓄に回す

私は奨学金を今でも支払っていますが、確かあと数年で終わるんです。これが終わったら、それをそのまま貯蓄に回そうと思っています。元々出て行っていた金額ですから、生活が苦しくなることはないですし、ちょうどいいと思います。

また、携帯のプランを変更して料金がちょっと下がったり、ちょっとしたことで浮いたな、と思ったお金を生活費に回さずに貯金するという手もあります。元々出ていくものだと思っていたお金だったら、出て行ったものとして生活すれば生活できるはずですからね。でも結構、誘惑に負けてしまうんですがね…。

貯蓄方法⑥ 生活費の中から最初に貯蓄分をとってしまう。

お金があるとつい使ってしまうという方は、お給料日にまず最初に貯蓄を確保する方法がおすすめです。最初から貯蓄額を引いた金額が収入だと思えば、なんとかそれで生活できてしまったりするものです。給料日前はつらく感じるかもしれませんが、そこはなんとか乗り切りましょう。

上手に家計をやりくりする方は、まず収入を最初にすべて分配してしまうらしいですね。私の知人にすごくきちんとした方がいるのですが、習い事の月謝も引き落としにせずに、現金で払ってきっちり家計簿につけているようです。理由は「引き落としだと払った感じがしなくて、家計簿もつけわすれちゃうから」とのこと。私はかなりずぼらな方なので、見習わなければならないな~と思います。

みんなはどれくらい貯蓄している?


ところで、みなさんは実際に貯蓄はできているんでしょうか。なかなか聞けないですし、聞いてショックを受けるのも怖い。それもおそらく各家庭で差があるでしょうから、平均はわからないですよね。ではちょっとデータで見てみましょう。

2015年の金融広報中央委員会の調査(子育て世帯に限らない、2人以上の世帯を対象)を参考にします。調査の結果、金融資産の保有額は平均1,209万円。えええ!と思うかもしれませんが、その平均値を引き上げているのは50歳代以上の世帯です。子育て世代とされる20代~40代は、189万~600万弱くらい。

それでも、え!そんなにみんな貯金してるの!?と思う方も多いかと思いますが、このデータにはからくりがあって、一部の大富豪がその平均値を大幅に引き上げてしまっているんです。そこで、実際に平均的な貯蓄額を見るためには、中央値を参考にします。中央値とは、調査対象世帯を貯蓄の少ない順に並べたとき、中央に位置する数字のことです。

その数字が、世間的に一番実感が得られる数字となるわけですね。年齢別にみると、20歳代は68万円(平均189万円)、30歳代は213万円(平均494万円)、40歳代は200万円(平均594万円)、平均とだいぶ違いますよね。こうしてみると、富裕層ってすごいなーって思います。

貯蓄の目的は家庭によって違う

30代で200万くらい、う~んやっぱりそんなもんだよなあと感じます。ひと月に2万貯金して年間24万、10年続けても240万ですからね。それで大学の学費は私立で年間100万~150万。払えるんだろうかと思い始めると心配でならなくなりますが…。でも、今を楽しむことも必要なので、娯楽費を全て貯蓄に回すこともないと思います。

私の知人で、もうお子さんが大学生なのですが、学費は一切出していないと言っていました。奨学金を借りさせて、通帳も渡して、あとは自己責任だということです。お子さんは家から通っているので食費や生活費はかかりませんが、もちろん遊ぶお金も自分で工面しなければなりません。

ですが、それも一つの教育方針。お母さん曰く「お金のあるないの問題じゃなく、大学は自分が行きたいと思っていくところ。全部出してあげると、目的もなく、有難味もなく日々すごして、結果何年も留年した挙句卒業できなかった人を見てきたから」という考え方です。確かにそれも一理あるなあとも思います。

また「子どもを大学に行かせるために貯金を使い果たしても、卒業するころに親も定年間近、老後長生きしても子供が自分の面倒を見れるかわからない。でも、自分が行きたくて行った大学の奨学金なら、仕方ないと思って払うでしょ」とも言ってました。

また学費の話で他のママたちと話題になったのが、私立中学の受験です。私自身が中学も高校も公立だったので子供に中学受験は考えていなかったのですが、自分も高校受験時にはやはり塾には行っていましたし、高校時代は予備校にも行っていました。これが教育熱心な私立の中学校や高校だと、塾や予備校に行く必要がないくらいちゃんと補習してくれたりするようなんですね。

だから、中学高校に通うのにお金がかかったとしても、トータル的には変わらないという話もあるんです。「うちは高校までは公立に通わせるつもりだから…」と大学受験のお金の心配ばかりしていても、結局その前に塾やら予備校やらでお金がかかるのも覚悟しなければならないんですね。

また何も教育だけにお金に使う訳でもないでしょう。うちは大学にいかせるつもりはないから、という家庭でも子供がスポーツや音楽などに真剣に打ち込んでいたら、親としては応援してあげたい。多くの高校はアルバイトは禁止されていたり、正式な届け出が必要だったりするので、携帯代や服飾費のほかにもおこずかいが必要になりますよね。

女の子だったら特に、お洒落もさせてあげたいだろうし、成人式もばっちり決めさせてあげたいし、結婚するときも援助してあげられたら…なんて思うと、お金がいくらあってもたりません。そう考えるとますます、子供が小さいうちに貯蓄をしなければ…という焦りの気持ちがわいています。

でもやっぱり「今」はプライスレス

「老後が」という知人の話もあるし、高校でもそれなりにお金はかかる。子供が大学まで進学するしないにかかわらず、貯蓄はやっぱり中学生に上がる前にした方がいいんですよね。でも、貯蓄貯蓄ばかりで、毎月キリキリするのは嫌だなと思ってしまいます。子供は大きくなったらもう、親とは一緒に出掛けてはくれないかもしれない。そう思うと、一緒に旅行に行ったりおいしい物を食べたりする時間は、プライスレスだという気がします。

貯蓄ももちろん大事。でも、それは将来への不安を払拭するためのものでもあって、一番大切なのは「今」だと、私は日々思っています。「今」を犠牲にしてしまわない程度に、将来への不安に駆られて沈んでしまわない程度に、適度な貯蓄を日々心がけながら、育児生活を楽しんでいきたいものですね。

ABOUTこの記事をかいた人

30代後半、10歳と5歳の男の子の母です。
平日は、子供を学童と保育園に預けてパートタイマーとして働いています。慌ただしいながらも頑張りすぎず、気楽で楽しい育児をモットーに、賑やかで幸せな日々を送っています。