人気の「子供のしつけ方」の本

子育てをしていると、必ずと言って良いほど悩みと言うものは出てきますよね。
悩みの種類も様々だと思います。うちの子は成長が遅いのではないか、ご飯を全く食べない、お友達に意地悪をする、子供自身の体の悩みから、子供の行動の悩みまで様々です。
こうやって悩んだ際に、お母さんやお父さんはどうやって解決されているのでしょうか。ママ友、パパ友に相談したり、専門の方に相談したり、ネットや本などで調べたりしているのではないでしょうか。
私自身も、実際にネットで調べたり、本屋さんに行って本を購入して勉強したこともあります。ネットだと簡単に無料で調べれるのですが、全ての情報が正確だと言うわけでもないので、その点、本に載ってあることは信頼でき、なおかつ読んでいて安心感があるのではないかと思います。

しつけの本

しつけの本を本屋さんに見に行くと、思っていた以上にいろんな種類があります。
例えば、男の子と女の子ではしつけ方が違うと言った本や、子供のイヤイヤ期に直面したらこの様な対処法が良いと書かれた本、子供の能力を伸ばせる本など様々です。
ちょうど先日にワイドショーで、人気子役の子供たちが所属する事務所の方が出版された子育て論が人気を呼んでいると言うのを見ました。それだけ、子育て論と言うのは世間に興味を持たれているのだなと思います。
人気な本だけを見ていても書いている人の考え方によって、しつけとは叱らないで子供の気持ちに寄り添ってやっていくべきだと言う本もあれば、甘やかさずに叱ることが大事だと言う本もあります。
そうやって見ていくと最初に私が述べたことが覆される結果になったかもしれません。本は信頼性があるのでは、と言いましたが、書いてる作者の考え方によって信頼性が無いとは決して言いませんが正解と言うものは一つではないのかもしれません。

人気の本がある理由

それでは、なぜ人気が出る本がこの世の中に出てくるのか気になるところです。
これはあくまでも私の考えになるのですが、子育てをしていると自分一人では解決出来ないことがたくさんあります。
しかし、その不安だけを残したままにするのは滅入ってしまいます。
そんな中で、本に「その不安は誰しもが持っていることで、こうやって解決できるのだよ。」と言われたら、自分一人だけでは無かったのか、こうやったら子供の悩みも解決できるのか。と言う安心感が生まれてきます。一人で抱えている不安を共感してもらえることで楽になるのではないでしょうか。だから、こうやってしつけの本が人気になるのだろうと思います。私の経験談からも、こう言った本のおかげで助けられていることは間違いないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。