1歳児のしつけ。我が家の話。

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

お子さまとの生活、楽しんでいらっしゃいますか?
1歳のお誕生日を迎え、ますます愛おしい存在になっていますね!
いつもママやパパの腕の中から、世の中を見ていた0歳時を卒業し、いろいろな事に興味を持ち、自分でやりたい気持ちが芽生えてきます。

1歳児は自分のことしか見えていない時期です。
例えば、児童館など公共の場の皆のおもちゃでも、お友だちが使っていたおもちゃを、自分が使いたいと思えば取り上げてしまったり、貸してくれなければ、叩いたり、かみついたり。
まだ、やってはいけないこと、世の中のルールが判っていませんので、子どものやりたい気持ちを尊重しながら、世の中のルール、やっていいこと、いけないことをきちんと教えていかなければならない大切な時期ですね!

1歳児のこころ

1歳児の子どもは、やりたいと思う事があると、状況をみて我慢するということが出来ません。
「ダメ!」と言われて、叱れていることは判っていても、記憶力が発達途中にあるため、叱られたことを忘れてしまい、やりたいと思う事を繰り返してしまいます。
また、叱られていることは判っても、なんで叱られたのか、原因まで理解出来ません。
パパやママは、やって欲しくないことを繰り返されて、「なんで何回言っても解らないの!」とイライラしてしまうこともあるかと思いますので、ストレス軽減のためにも、お子さまの行動を「ダメ!」と制止しないためにも、「ダメ!」を言わなくても良いように、ちょっと先回りして、対象になりそうなものを遠ざけてしまいましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! 40歳で妊娠、41歳で出産の高齢母です。 現在3歳の男の子の育児奮闘中! 両親共働きで、日中は保育園へ預けているので土日休みに息子と遊ぶのが唯一の楽しみです! お気に入りは森のアスレチック。