自分の思った通りの子育てが出来ない!ストレスを溜めずに義母と上手く関わるためには?

私の場合、夫の実家は遠方にあり、義父義母はそこで暮らしています。飛行機で移動をしなくてはならない位の距離なので、普段の生活において義母が私たち家族に関わってくることはほとんど皆無な状況です。しかし、私の周囲には今住んでいる所が夫婦揃って地元の人も多く、義理実家との関係について様々な話を聞くことがあります。

義母との関係が良好な場合

義理実家が生活圏内に住んでいる友人達の話を聞くと、上手くお付き合いをしている友人達もいれば、上手くいっていない友人達もいます。上手くいっていない友人達の話を聞くと、自分達だけでゆっくり過ごしたい休日に一緒に行動せざるを得なかったり、急に夕ご飯を食べに行かねばならなかったり、幼稚園や学校の子供たちの行事に呼ばなくてはならなかったり、買い与えたくもないおもちゃを買って来たり等、挙げればキリがない程、不満が募っている友人達の愚痴や文句は続いています。総じて上手くいっていない友人達の話の共通点は、義理実家との距離感が近すぎて、自分達のペースで生活出来ないことがストレスを感じている、ということです。

義母との関係が険悪な場合

うまくいっていない友人達の中で一番深刻で最も不満を抱いている点は、子供の親である以上、子供のことはやはり自分達で決めて育てていきたいのに、特に義母が孫は自分の所有物であるという錯覚をしているのか、逐一あらゆることに口出しをされているのが一番辛いと共通して話していました。自分達の思うように子育てが出来ない辛さは、私の想像以上のようで、もう転勤とかで遠くに引っ越ししてしまいたい!と嘆いている程でした。確かに、自分達なりに子供をこういう風に育てていきたいという夢や希望があり、それを実践している最中に、横から否定されたり意見を言われたり違う方向に持って行かれたりしたら、正直イライラしてしまいます。しかもそれが日常的に言われ続けていたりもしたら、義母に対して嫌悪感を抱き、その感情が次第に積もり積もって関係を拒絶してしまいたくなるのも分かります。そういうタイプの義母は、息子家族全てを支配し、義母自身でコントロールしないと気が済まないのかもしれません。息子家族は別の家族であり、自立し独立している事を認めることが出来ていないのではと思っています。全くの赤の他人の場合であれば、義母の存在全てを拒否し、訪問や介入を無視すれば済むのかも知れませんが、そこはやはり身内であり、孫にとっても祖母なので、なかなか思い切って縁を切るということは難しいことになります。

義母との関係が上手くいっている場合

上手に義母とお付き合いをしている友人は、義母と自分の距離感を程良く保っているのが上手く、また、義母も息子の家族は別の家族という意識をしっかりと持っており、節度ある付き合いで、必要以上に干渉をして来ないというのもあげられます。お互いが少しずつ気を配り合っており、友人は子供たちの行事の際は義理実家に声を掛け、義母も呼ばれた時のみに行動を共にし、義母も用事や訪問の際には必ず事前に友人の元に確認の連絡を取り、当たり前のような事ですが、そういう些細な事をきちんとしてくれる義母のようです。息子よりもお嫁さんである友人の方に気を配っているのが分かる対応をとってくれているようです。大切にされているのが分かるので、必然的に友人の方も義理実家を大切にしようという気持ちが生まれています。

頼りにならない夫を持つと…

日々義母に振り回されてばかりいる生活を強いられている上に、何かと義母のペースに流されてばかりいる頼りない夫の場合、二重のストレスを抱えてしまうことになります。思った通りにならない生活を改善したいのに、へらへらと義理実家のご機嫌を取り、義母の言いなりになっている夫を見ていると、心底嫌気がさしてくると友人は嘆いていました。本来ならば、義理両親に対して一番意見を強く言える立場であり、義母と自分の間を取り持ってくれるのは夫のはずです。義母に対しては自分の家族を守るべく毅然とした態度で干渉を拒み、自分達の子育てに口出しをしないで欲しいと伝えてもらいたいところです。義母より自分の家族を一番に考えてくれる夫であれば、そういう行動に移してくれるはずです。そして、それが出来るのであれば、義母に対しても嫌気がさすまでの感情には至っていないと思います。現実ではなかなかそうは行かないようです。

自分が変わることで見えてくるもの

なかなか人間の性格は変えられないので、義母と上手く付き合っていく為には、自分が変わるのが一番手っ取り早い方法かも知れません。自分にとって何が一番大切なものなのかと心に問うてみた時に、やはり一番大切なのは子供だと思います。その子供をどう成長させていきたいのか、そのためには何が必要で何が要らないのか、自分の中で整理をしてみると、不要なものに蓋をすることができると思います。友人は義母が何を言って来ても「はい、はい」と同意の返事だけはその場でするようにして、行動は自分の思っている通りに実行するようにしました。とにかくその場では丸く収め、義母の気持ちを汲んだフリをし、実際は自分のやりたいようにするという事を徹底しました。義母から否定をされた時は「そうですね」と短く返事をし、決して歯向かう事はせず、行動で否定を表すようにしました。突然の訪問の時や食事の誘いには3回に1回はのらりくらりと拒否をし、ゆっくりゆっくりと時間を掛けて遠ざけて行きました。

時間を掛けてゆっくりと夫を改造していくこと


一番厄介だったのは、義母のいいなりになっていた夫の意識改革だったようで、友人は手を焼いていました。単刀直入に義母の悪口や嫌みを夫に伝えると角が立つので、それはあえて心の中にしまうことにしていました。義母から干渉があり、口出しされた日には、あからさまに料理の品のレベルを落とし、私は怒っている!という事を遠巻きに演出していました。とにかく夫の協力無しでは、自分の思った通りの子育ては出来ないので、子供たちに「お父さんと一緒の時が一番楽しい時間である」という意識を徹底的に植え付けていました。子供たちが夫と遊ぶ姿や接している姿を見ては、大袈裟にリアクションをして子供たちが大喜びでお父さんと接しているという事を伝えていました。時間を掛けて家族「だけ」で過ごすことが、こんなにもリラックスして楽しい時間であるという事を意識付けていた友人の努力には、本当に脱帽すると共に、心底義母から干渉される生活を改善したかったのだと改めて思いました。その後、友人と義母の関係は完全には変わってはいないのですが、友人は義母に対しての気持ちの変化を感じるようにはなっているようです。完全拒否だった義母の存在から、少しだけ心を許し、上手く義母からの干渉と付き合えるようになりました。相手に変化や改善を求めるよりも、自分自身が変わることで、随分嫌なこととの向き合い方を変えることが出来た友人、子供のためにという信念があったからこそ、義母という切り離すことが出来ない存在と上手く付き合えるようになれました。

やっぱり最後は、母親

幸い私の場合は義母は遠方で、日常的な干渉もなく、また孫のことも私のことも大切にしてくれているので、お互いに良い距離感で付き合っており、本当に恵まれた環境で子育てをすることが出来ていると思います。この友人のように前向きに変わることが出来る場合もあれば、なかなか思ったように義母との関係がなれずに思い悩む方もいると思います。本来ならば、夫が嫁と義母の複雑極まりない関係の仲を取り持つことが出来れば、上手く解決できる問題なのかも知れません。しかし、男性は不器用かつ、自分が育ってきた環境そのものの母親を邪険にすることは難しいものです。そんな時には、何が自分にとって一番大切なのかと振り返り、そのために出来ることを実践する強さが必要なのだという事が友人をみていて思いました。変化を求めるなら、その覚悟と強さも必要であると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

小学1年生の長男は超繊細かつ超慎重派、年少の次男は活発で元気いっぱい、という正反対の性格の兄弟を子育て中のアラフォー主婦。子供たちに挟まれて眠る時と、家族みんなで食卓を囲む時が何よりも幸せです。