価値観が違うから、子育ても変わる!日米のしつけ比較

日々育児、お疲れさまです。

先日、主人がアメリカ人の友人と育児の違いのことでお話をしました。

アメリカでは、パパママとなった後も、夜にデートをすることがあるということを聞きました。その時、子供はどうしているの?と、聞いてみると、ベビーシッターに預けるのだそうです。普通の日本の家庭では考えられないことだなぁ、としみじみ思いました。

日本の場合、子供が小学校にあがって遊びに行っている間とか、子供が自立してから、など、かなり限られた時にしか、そういうことはできないですものね。

個人が重視されるアメリカ

アメリカでの出産や育児の話を聞いたりしていると、羨ましいな、と思うことが、私は多い気がします。前述したご主人とデートもそうです。

アメリカは、個人の時間がきちんと確保されている気がします。赤ちゃんの頃から、自分の部屋があり、一人で寝かすということも、どんなことでも、どうしたいのか質問することも、産まれた時から、個人として尊重されている、ということなのでしょう。

なんでも子供に任せるという姿勢も、家庭だけでなくご近所さんも含めてみんなでしつけをするという姿勢も、ひいては個人として自立させようという価値観から生まれてきたことなのだと考えられます。

パパもママも、育児はもちろんしますが、個人として楽しむということは、当然のことなのでしょう。だから、それに見合ったサービス(ベビーシッターなど)も発達するですね。

日本が大事にするのは一体感

対して、日本は、団体主義とでもいいましょうか。個人より、団体(社会)の時間が優先されることが多い気がします。みんなのために、という感じです。

例えば、家族の中でも、パパは家族のために大黒柱になって働きます。ママは、育児に専念し、夫を支えます。子供たちは、みんなと仲良く遊び、みんなと同じように同じペースで(同じレベルで)勉強します。

社会を優先させるということは、つまりは、他人を思いやったり、気遣いをすることができる、と言えると思います。おもてなしの国という言葉も日本らしいわけです。

様々な価値観を理解して

ここ数年の日本は、まだまだ上手く機能していませんが、社会より個人、という考えが強くなってきたように思います。でも、日本の価値観の方が良い、アメリカの価値観の方が良い、ではなく、様々な価値観を受け入れることが重要なのではないかと思います。思いやり気遣う心と、さらに自立した個人であることが、これから必要になってくるのではないかと思うのです。

友人との会話から、日米の価値観の違いを知ることができました。これから、さらにグローバル化していく中で、私も子供たちも、他の価値観を知り、そして根本を理解できたら、様々な人種と触れ合い、共存していくことができるのではないかと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

脳内お花畑の小5長女、やりたくないことは絶対やらない小3次女、とにかくオレが一番の年長長男。あっという間に過ぎていく毎日の中で、なんとかママをやってます。あっという間に40代!