子育て中にヒール履いてもいい?こうすれば履けます!

世間では子育て中にヒール履いちゃダメでしょっていう感じだけど

子供産む前までは、オシャレもそこそこ楽しんで、好きなバッグ買って、好きなヒールの靴履いて。
だけど子供産んだらそんな事できなくなりました。
だって、胸の開いた服着てたら子供に引っ張られるし、クラッチバッグには哺乳瓶入らないし、ヒール履いて抱っこしてたらうまく歩けないから。
だから子供を最優先にして、オシャレな事を当分諦める覚悟を決めました。
みんなそうですよね。
でも、子育ても落ち着いてきて、自分にも少し余裕が出てきたら、またオシャレ復活したいじゃないですか。今年のオシャレなスカート履いてみようかな、カジュアルな服ばっかりじゃなくて流行りの服買って、小さいバッグ持って。
あ、でもヒールはどうしよう?若いころから履いてるから転んだりしないと思うけど、子供がいたら諦めなきゃいけないのかな?だってなんか子供いる人はヒール履いてたら世間の冷たい目にさらされそうで…。
みんな同じ悩みにぶち当たります。でもちゃんと考えればヒールだって履けるし、履いていいと思うんです。要はうまくやればいいんです。

妊娠中と子育て中は違う

「妊娠前まではヒールを履いていたけど、妊娠してからペタンコ靴にした」というお母さんはたくさんいます。私もそうです。
だってだんだん大きくなるお腹にヒールを履くと今までのバランスと違ってコケる確率大!そうならないようにぺたんこな靴を買うしか選択肢はありませんでした。
でも、子育てが少し落ち着いてきたらどうでしょう。自分の体は何も問題ありません。
コケる可能性もかなり減っています。
では、子供の状況はどうでしょう。きちんと歩いてくれる子供ならいいけど、抱っこをせがまれて抱くしかない時にコケる確率ってグッと高くなります。
だから、子供の状況によってヒールが履けるか履けないかが変わってくると思うんです。
あとは今自分がどういう状況で子育てしているかによっても変わってきますよね。

プライベートな時間が増えるとオシャレしたくなる


私は子供を産んでから3か月ぐらい経った時に、お休みしていた仕事場に復帰しました。
フリーランスの仕事だったので、週に2回会議へ行きあとは自宅で作業という状況でした。週に2回、夫が仕事を休んで子供を面倒みてくれている間、私は仕事へ行きました。
3か月間家にこもりっきりだった私が外の風を浴びた瞬間、とても解放感につつまれて爽やかな気持ちでした。その時こう思ったんです。
「あぁ、服買いたい!靴も買いたい!」
3か月間密室育児で、朝も夜も無い生活を続けていましたから、外に来ていく服なんて考えていませんでした。だけど、いざ外に出て電車に乗り、他の女性が来ている服を見て自分も新しい服や靴が買いたいなぁと思ったんです。
妊娠前は当たり前にしていた事を、当たり前にできる環境にやっと戻ってこれた!と思ったんです。
家事や育児から少し離れてプライぺートな時間が増えれば増えるほど、オシャレがしたい、という気持ちは膨らみました。

ぺたんこ靴でママ会へ行ったら

赤ちゃんを抱っこする時はぺたんこ靴かスニーカーを履いていました。万が一転んだら赤ちゃんが大変、という思いしか浮かばなかったからです。でも毎日同じ靴だと飽きてきました。
そんな時に同じ職場で同じように赤ちゃんを産んだ同期の子から赤ちゃん連れで食事に行こうと誘われました。赤ちゃんも一緒にくつろげる親子カフェがあるから、という事でした。私も彼女も子供は一歳過ぎていて、じゃあベビーカーで行こうね、という話になりました。
服装はカジュアルだけどスポーティにはせず、女性らしいパンツルックでオシャレしていったんです。靴は買う時間が無くてぺたんこ靴でしたけどね。仕方なくです。
待ち合わせに来た同期の彼女を見てビックリしました。服は私と変わらずカジュアル系でしたが、ひざ下のスカートに5センチぐらいのヒールを履いて来たんです。
ベビーカーに赤ちゃんを乗せて爽やかに歩く彼女は輝いていました。キラキラしていて、素敵でした。
私は「ヒール履いて大丈夫なの?」と嫌味ではなく、心からうらやましくて質問していました。彼女はこう言いました。「この靴、転びにくいヒールなの。」

ヒールにもいろんな種類があるから


そうか!別にハイヒールやピンヒールを履くわけじゃないもんね!
子供が一歳を過ぎて外を歩く頻度が多くなれば、抱っこする時間も減るし。
ヒールの安定したパンプスを選べば履いていいんだ、と分かったら心が晴れやかになりました。
それから会議のある日に履いていくヒールの靴をネットでいっぱい調べました。そしたら結構カワイイ物が売ってるんです!
安定感のある太めのヒールでも色や柄を選べば野暮ったくなく、オシャレに履きこなせます。ネットでは試着ができないので、実際に店舗で探していた物を試しに履いて足にきちんと合う物を買いました。ついで、その靴に合うバッグも一緒に買って出かけるのがとても楽しみでした。
いざ会議の日に新しいヒールを履いてみると、背筋がピンとなって、仕事にハリが出る感じでした。精神的にも仕事のオンオフが付けられて心地いい!
太めのヒールは歩く時も止まっている時も、足やつま先への負担が少なくて脱いだ時に足が痛いという事もありませんでした。これはいいぞ、とほっとしました。

ヒールを履く時、履かない時を決める

会議の時にはヒールを履く事に決めました。
じゃあ子供と外で遊ぶ時はどうしようか?
私はルールを自分で決めました。ヒールを履く日と履かない日の境目です。
夫と子供と遊びに出かける日は場所によって変えました。
公園へはスニーカーの方が走ったりできるからヒールはお休み。
だけどずっとベビーカーを押したり、夫が子供を抱っこしてくれる時はヒールを履きました。
ママ友とのランチ会は絶対ヒールで行きました。むしろ他のママさん達にも良いヒールの情報交換をしていたぐらいです。みんなヒール履きたいんですよ、やっぱり!
そういう風にしてルールを決めると、オシャレに幅が出て楽しいです。
最近はぺたんこ靴やスニーカーもカワイイのが多いですから、ヒールとはまた違ったオシャレをする事もできます。

ヒールを履いた方が悩んでいるママたちへ私は声を大にして言いたい。
きちんと転ばないヒールを選んで履けば誰にも変な目では見られませんよ、と。
大丈夫、子供を産んで自分の時間が少ないからこそオシャレして気分を上げましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

スカイツリー付近で暮らす下町ママです。子供は2歳のおしゃべり大好き女の子。 仕事はバリバリ、子育てはふんわりを心がけていますが、失敗の連続!明るい娘に助けられています。 趣味は着物の着付けと落語の寄席巡りです。