ロングヘアで子育て

私は初めての出産で長かったロングヘアをバッサリと短く切りました。
イメージ的に育児が始まるにあたって、長い髪は邪魔になるだけだろうというので思い切りました。子供が大きくなった今でも、その延長で短いままですが、果たしてロングヘアは育児には向いていないのでしょうか。実際のところはどうなのか調べていきたいと思います。

短い方が良さそうな理由

では、まず、髪は短い方が良いと思う理由とはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、赤ちゃんの時はほぼ赤ちゃんに付きっきりになるので、髪形など気にしている暇はないことや、育児は時間勝負になってしまうので、お風呂上がりの髪を乾かす時間に費やしていられないのではないかと言う理由もあります。
その他に、赤ちゃんを世話するのに長い髪は邪魔になると言った理由もあります。確かにこれらの理由を、聞けば納得もします。
しかし、実は良いと思われているショートヘアにもデメリットもあるのです。

ショートヘアのデメリット

では、ショートヘアのデメリットとはどのようなものがあるのでしょう。
一見、楽ちんそうなショートヘアも、寝癖が付きやすく朝のセットに時間が掛かってしまったり、結べない長さの場合、中途半端に伸びてきた時が大変な事もあります。まさに、私が経験したことで、中途半端に伸びてきた時が一番邪魔になり、またすぐに美容院で短く切りに行くの繰り返しになるのですよね。授乳の時に少し斜めに顔を傾ける際は若干、中途半端の長さの髪が邪魔にも感じてしまいました。このようにショートヘアにも弱点がありました。

ロングヘアのメリット

確かに、ロングヘアは上記でも述べましたように、不便な点がいくつかあります。
しかし、良い点もあるのです。印象的に赤ちゃんの世話の際に長い髪は邪魔になるようにも感じますが、一つに結んでしまえば全く邪魔になりません。更に、お団子状に結んだら気にすることなど無くなってしまうほどです。
一番の問題にもなりそうな、お風呂上がりの問題では、お風呂に上がった後にタオルで髪を巻いて置いたら自然に少しずつ乾きますし、あとは少し時間が出来たときに乾かせばいいことで、そこまでの問題でもなかったのです。
あと、ロングヘアの最大のメリットは、色々とアレンジできることです。なかなか、オシャレから遠のいてしまう時期なので、せめて髪形だけでもアレンジして可愛く見せたいです。それがロングヘアだと簡単にできてしまうのです。
この様に、ロングヘアでも育児にそこまでの影響は無いことがわかりました。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。
しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。
これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。