大切な面接!親の服装は?NGな服装ってあるの?

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

中学受験

受験と聞くと、高校受験や大学受験が思い浮かびますが、今の時代、中学受験、小学校受験、さらには幼稚園受験まであるので、驚いてしまいます。お受験というものですね。子供の将来を決める大切な受験。今回は、中学受験に焦点を当てて、お話したいと思います。受験と言えば面接がある学校がもありますが、中学受験の場合、親も一緒に面接という所が多いです。そこで、親の服装についてご紹介したいと思います。

面接の服装~子供~

まずは基本的な子供の服装についてです。通っている小学校が私立なら、制服があると思うので、(公立でも制服があればそれで良いです。)その制服で受験に行くことが一番手軽で、おススメです。
制服がない学校の場合です。男の子は、ブレザー、シャツ、パンツに、ネクタイと言った、結婚式など、少しよそ行きの恰好で良いです。靴はローファーに白靴下がベストでしょう。
女の子も同様、ブレザーに、シャツ、スカートでリボンをつけるといいでしょう。スカートは短すぎないように気を付けましょう。また、髪の毛が長いというお子さんは、しっかりまとめておくことで、お辞儀したときに邪魔にならず、面接官の印象も良いです。

面接の服装~親~

面接には母親が一緒に行く場合が多いと思います。子供がよそ行きの恰好をしているので、親もバランスを合わせ、普段着など、カジュアルなものは避けましょう。スーツが一番無難で、用意しやすいです。色は特に決まりはありませんが、白やピンクなど、あまり派手は色を避け、黒や紺などが良いです。黒だと喪服を連想するので、濃い紺色のスーツを選ぶ人が多いようです。指輪やネックレスという装飾品は必要最低限にし、派手にしないことが大切です。靴は黒の革靴が定番です。学校内は上履きがほとんどなので、黒のスリッパを持参するといいでしょう。

服装の他にも

もちろん服装で合否を決めるということではありませんが、面接をするという以上、どんな親子なのか、見られているということです。指輪などの装飾品の他にも、濃い化粧は避けること、高いヒール、派手なマニキュアなど、面接には向かないものは、やめておくと、面接官への印象も悪くなりません。子供同様、髪の毛が長ければ、しっかりまとめておくといいしょう。

受験合格のために

希望の学校に受かるためには、面接の受け答えや、学校入学への想いなどももちろん大切ですが、基本的なマナーや服装を正すことを忘れてはいけません。マナー、服装を整え、自信を持って面接に臨みましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の子供を育てる専業主婦です。 朝から晩まで子供と二人で行き詰ってしまうことやイライラしてしまう育児ですが それでもわが子はかわいい。と反省する毎日です。 子供とパパと3人で過ごす休日が何よりの楽しみです。