卒業式での母親のコートは?

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

3月と言えば卒業シーズンですね。多くの学校が3月に卒業式を行うと思います。暖かい日もあれば、窓が凍るような寒い日もあります。まだまだ雪が辺り一面残っているという所もありますし、卒業式当日に雪が降るという年もあります。天気や温度が変わりやすく、服装がなかなか難しいです。加えて、卒業式という厳かな式典ですので、参列する服装に頭を抱える…なんて親御さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は母親のコートはどんなものが良いのか、基本的なマナーについてご紹介します。

どんなコートがいいの?

卒業式にはスーツを着ていくという方が多いと思います。スカートにしようか、パンツにしようか、どんなデザインが良いか、色は何色が良いか、など決定する上で気になることがたくさんあるので、初めて卒業式に出る親御さんは、大変神経を使うと思います。しかし、コートは室内に入ってしまえば脱いでしまうのでスーツほど、神経を使い悩まなくても良いです。そうは言っても、普段着ているようなカジュアルなカートやダウンジャケットのようなものは場違いなので向きません。春のように暖かい陽気であれば、トレンチコートのようなタイプが良いでしょう。スーツにもよく合い、スマートに着こなすことができます。白い息が出るような寒いであれば、ウールのコートなどがおススメです。見た目がごわごわせず、すっきりしている割に暖かいです。

色は?

コートの色は、黒や紺、グレーがおススメです。黒のスーツであれば、コートも黒だと暗く、重い雰囲気になってしまうので、グレー、またはベージュも合います。

コートは着たままでもOK?

式典中、コートを着ているのはNGです。コートは体育館など会場に入ったら脱ぐのがマナーです。暖かければいいですが、寒い日は少し堪えます。暖房や、大きめのストーブを用意してくれている学校もありますが、体育館などは広いのでなかなか暖まりません。そんな寒そうな日は、靴下を厚いものにする、インナーを厚め、または重ねて着る、カイロを貼る、などコートも脱いでも寒さをしのげるような対策をしておくといいです。

恥ずかしくないコートで

我が子の晴れ舞台。子供が恥ずかしくないようにきちんとしたコートで参列したいですね。また、マナーを守って、「寒くて式どころじゃなかった…」なんて思い出にならないように、しっかり寒さ対策を万全にして、素敵な思い出になるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の子供を育てる専業主婦です。 朝から晩まで子供と二人で行き詰ってしまうことやイライラしてしまう育児ですが それでもわが子はかわいい。と反省する毎日です。 子供とパパと3人で過ごす休日が何よりの楽しみです。