子育てママに!デジカメで残す大切な思い出

子供が誕生した瞬間から残したい思い

子供が誕生したその時から、記念に我が子を残そうとする親は多いと思います。生後1年間で赤ちゃんは一番急激に大きく成長していきます。毎日変わっていくその姿に、笑顔も泣いている表情も、怒っている表情も、あくびをしている顔だって最初は残したいと願うものだと思います。
手軽にスマホでパシャリと撮るのもいいですが、やはりより高画質できれいな写真を残したいならデジカメで撮るのが一番です。スマホのカメラもかなりの高画質ではありますが、電子アルバムなどに編集する場合もデジカメで撮っておけばと…!と後悔することが少なくありません。

デジカメとスマホを上手に利用する

スマホは撮影した写真ラインやメールやSNS等で簡単にアップ出来るという利点があります。デジカメだといったん家に帰ってPCにつないで、転送して…と面倒くさいと考えている方も多いかと思いますが、今のデジカメは専用アプリやWi-FiやBluetoothを利用することで簡単にスマホやタブレットに画像を転送できたり、連動させたりすることができます。
気に入った写真をスマホやタブレットに送って楽しむことが簡単で早いのです。
コンパクトでびっくりするほど軽量タイプのデジカメもたくさんありますので、荷物にならないし、首からぶら下げていても首や肩が凝るなんてことにはなりません。

子供と一緒に遊んでいる時、運動会やお遊戯会、子供の一瞬を取り逃がしたない、失敗したくないと願ってやまないのなら、デジカメの機能をおすすめします。

Panasonic DMC-TZ85


子供が被写体の場合、とにかく動くのでぶれてしまってうまく撮れなかったり、目まぐるしく変化する表情が追い付かなかったりで、とっておきの笑顔を撮ったつもりが笑顔の後のあいまいな表情が撮れていたりという方多いと思います。
パナソニック独自の技術である「4K PHOTO]という機能は、コンパクトサイズでありながらすごいことをやってくれます。1秒間に30コマも連射が可能で最長約15分00秒まで撮影できるんのです。連射した写真の中からベストショットを選んで保存することができるわけですが、1つ1つ探すのは大変ですが、スライドフォトセレクトという機能が備わっているので画面をタップするだけで簡単に写真を選ぶことができます。
連射モードも複数あり、「4Kプリ連写 」モードは1枚の写真を撮る感覚でシャッターを押すと、押した瞬間の前後約1秒を連写撮影してくれます。何を投げる、飛ぶ、キャッチするなどの予測される動きの一瞬を捉えることができるのです。
撮影した後に好きなフォーカスポイントを選べるフォーカスセレクトという機能もあります。ピンボケなどによる失敗を減らすことができます。
スマホやタブレットに専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすれば、カメラをワイヤレスで接続でき、カメラで撮った写真をその場でスマホで再生、お気に入りはそのままスマホに保存できます。

CANON PowerShot G9 X Mark II


デジカメコーナーを覗く必ず置いてあるのがキャノン製品です。その中でも「PowerShot G9 X Mark II」という商品は、高級感のある落ち着いたデザインで、多機能で高画質でありながら、非常に軽量です。なんと約206g しかありません。これはよくあるスチール缶コーヒーよりも軽いのです。写真を撮るうえで、受光面積が大きければ大きい程高画質な写真が撮れますが、「PowerShot G9 X Mark II」には「1.0型大型CMOSセンサー」といって、約2010万画素CMOSセンサーを採用されています。これにより白トビ・黒つぶれすることなく綺麗な写真が撮れるのです。
スマホのようにタッチパネル方式で、指先でズームアップ、アウトにピントを合わせてシャッターを切ることができます。スマホでのカメラに慣れている方にもこの操作はピント合わせが簡単なのではないでしょうか。
スマホとカメラを常時接続することが可能です。「Camera Connect」 というアプリをスマホに入れて一度ペアリングを行えば、カメラの電源が入っていなくてもスマホからデジカメ内の画像を操作できるのです。
デジカメで撮影してスマホからSNSへ投稿!なんてことが手軽に簡単にできるのです。

OLYMPUS STYLUS SH-3


「あらゆるシーンで、ぶれない高倍率ズーム」と謳っているいるように、手ぶれ補正機能が優秀です。タッチパネルで簡単に指でフォーカスを合わせ切り替えることが可能です。しかも手ぶれ補正機能がしっかり働いてくれます。スリムで271gしかありませんが、24倍の光学ズームが搭載されており、さらに超解像ズームと合わせて48倍のズーム が可能になっています。
子供などの被写体が遠くても、これだけのズーム力があればまるですぐそこにいるかのように撮影することが出来ますし、超望遠でも暗所であっても手ぶれせず綺麗に撮ることができます。
これは子どもを撮影をする上で非常に役に立ちます。外での行事も沢山ありますが、室内行事も多いと思いますし、キャンプや花火やお祭り、夜景など暗いシーンも割とたくさんあります。暗くて遠いといくら高画質になったとは、スマホのカメラでは限界がありますが、「OLYMPUS STYLUS SH-3」は、問題ありません。
スマートフォン用のアプリ「OLYMPUS Image Share」と連携させることで、カメラないの写真をスマホに転送できます。

Nikon COOLPIX A900


コンパクトなのにとにかく迫力のある広角撮影や望遠撮影が可能になるデジカメです。望遠撮影だけでなく、レンズ前約1センチまで近づいて撮影できるマクロモードも得意なカメラです。手ブレ補正機能も優れています。
また、モニターの角度を変えられる「3型チルト式液晶モニター」なので、画面を180度回転することができ、モニターを見ながら簡単に自撮りが簡単にできるのです。
BLEテクノロジーと専用アプリで、カメラとスマートフォン/タブレットを常時接続することが可能です。

SONY DSC-W810


基本スペックとしては申し分ない「光学6倍ズーム×広角26mmレンズ」が搭載されていますし、 ソニー独自開発の有効約2010万画素の「Super HAD CCD」も搭載されており、何よりお財布にやさしいお手頃価格で販売されています。
さらに、難しい操作は嫌だと、とにかくいつでもどんなシーンでもきれいに撮りたい方におすすめです。「DSC-W810」には「おまかせオート撮影モード」 が搭載されており、11種類のシーン(夜景・風景・逆光&人物、人物、三脚夜景、逆光、マクロ、夜景&人物、スポットライト、低照度、赤ちゃん)と、被写体や撮影者の状況を認識して、最適な撮影モードを選んでくれるのです。
「電子式手ブレ補正機能」がありm自動でシャッター速度とISO感度を調整して、手ぶれをおさえてくれる優れものです。写真を撮るのに慣れていない方や、いつも上手に撮れないとお悩みの方は重宝する商品だと思います。

子供成長はあっという間だからこそ

毎日違う表情を見せながら、子供はどんどん日々成長していき、気づくと大きくなっているものです。同じように見えても、決して同じ笑顔や、アクションはありません。
そんな子供達を記録してくれる写真は大切な思い出での宝物になるはずです。
より美しく、鮮明に残してあげることはひとつの愛情の形だと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

一姫二太郎の2人の子供を育てているシングルマザーです。
育児と趣味も満喫したい能天気ライフを送っています。
失敗したり、たまにメソメソしてしまうこともあるけど、人生万事塞翁が馬のを座右の銘として元気に人生奮闘中です。