子育てに目的を求めるとしたら・・・

大変な毎日

子供が生まれてから可愛い我が子と一緒にいられる時間はかけがえのない時間ですよね。妊娠中から
「男の子かな、女の子かな」
「どんな声してるのかな」
「どんな顔してるのか」
と考えて過ごす10か月間、本当に幸せな時間です。

待ち遠しくしていた我が子との対面は感動のなにものでもありません。

しかししかし、可愛いだけではない育児。
自分の時間はないに等しく言葉が通じない自分の要求だけを泣いて求めてくる姿に私はよく泣いてる我が子を眺めながら「宇宙人が出てきた・・・」と途方に暮れた日々を送りました。

思っていたのと違う・・・こんなに辛いなんて・・・と苦しくなる事も多々。
子供と一緒に泣く事もしばしば・・・

ママはみんな同じ悩みを抱えています。

子供が生まれてからの夫婦の会話

皆さん、パパやママ2人で会話する時間てありますか?
一日にどれくらいありますか?
ちなみに我が家は平日はパパは5時に家を出て帰ってくるのが20時。
子供を寝かしつけて一緒に寝落ちする事が多い私は平日パパと話す時間はゼロに近いです。休日も掃除や子守り、普段買えない大物の買い物や子供のお昼寝、夕飯の支度、お風呂、子供が騒ぐ夕食、結局ゆっくり話す時間なんてほとんどなく終わります・・・

先日パパが
「子供中心の生活でうるさいわぁ・・・ゆっくりできないわぁ・・・」

とぼそっと。
あ、これはストレスが溜まっているな・・・きちんとパパと話をする時間を作らなきゃな・・・と思いました。
バタバタする毎日。パパとの時間ついつい忘れてしまいがちですが夫婦が仲良く向き合っていないと明るい家庭も築けないんじゃないかな・・・と私個人では感じています。

子供をつくる理由・目的

子供を作る理由って考えた事ありますか?家庭それぞれ家庭環境も違って考え方も様々。色んな形があると思います。それでいいとも思います。
我が家が子供を作った理由・・・

主人の子供を見てみたかった
主人がパパになる姿を見たかった
ママになりたかった

私はこの理由のみです。
子供が生まれたらお金もかかる、2人の時間がなくなる、そんなネガティブな感情はなかったように思います。
元々子供が好きで自分に子供ができたら・・・なんて想像したら本当に楽しい事しか思い浮かびませんでした。

実際主人は家族の大黒柱として責任が増えるので不安だったようですが妊娠がわかると静かに喜んでくれたように思います。
車をファミリーカーにしたり、性別が男の子とわかると名前を考えてくれたり。
話す事も増えて家族としての絆が自然と強くなっていったと思います。

目的として考えるなら・・・
「幸せになるため」
が一番しっくりくる言葉かなと感じています。

子育てする目的

先日パパと話をする機会を作りました。
子供と一緒に寝落ちしないように(笑)眠気を我慢しながら子供に眠れー眠れーと念を送りながら子供が寝るのを待って。笑

パパと話したのは主にお金の話と子供の将来の事

我が家は5歳の息子と2歳の娘。
今が一番可愛い時期なんじゃないかな・・・と。
今が一番素直でパパとママを必要としてくれる時期ではないか・・・と。

息子に関してはもうパパと遊ぶ方が楽しくて休日はパパといる時間が非常に長い。私は完全にお世話役のみになっているかと思います。
たまに抱っこ~と甘える事もありますがグンと減り寂しい限り。

娘に関してはママ~ママ~で2人目の余裕からか可愛くて仕方ありません。

そんな2人を子供に持ちなぜこの生活を望んだか、今後どうなって欲しいかを話しました。それは

「家族になりたいから」
「子供にたくさんの笑顔をあげたいから」
「知らない世界を私達なりにできる範囲で見せてあげたいから」
「喜びを2倍、3倍にもしたいから」
「大人になった時にパパとママのところに生まれてきて幸せだったと感じて欲しいから」

こんな感じでした。実は私も主人も家庭環境が少し複雑な中で育ったので幸せな家庭を築きたい、自分達のようにはさせたくない・・・というが強いのかもしれません。
実際、子供が満面の笑顔で胸に飛び込んできたりパパが帰宅すると嬉しそうに玄関に走っていく姿は何とも言えない幸せな気持ちで胸がいっぱいになります。

幸せになる近道


私達が出した答え・・・
「幸せになる」という目的を叶える為の答え・・・

2人でお酒を飲みながら話した結果。

素直になる事

これは子供に対しても同じ。大人だから子供だから親だからなどの壁は取っ払って向き合う事。意地にならない事。
子育てあるあるですが、よく「私の方が子供の事はわかってる」「普段やらないくせに」
と心の片隅で思う事ありませんか?
そう思わずに「疲れてるのに手伝ってくれてる」「パパなりに頑張ってる」と気持ちを切り替えると自然と素直に「ありがとう」が出てくるものです。
生活していく上で「ありがとう」は魔法の言葉ですよ!!

夫婦は仲良く

パパとママが仲が良いと単純に家庭内が明るくなりますよね。
パパとママが笑顔なら子供も絶対笑顔になります。ママが嬉しいと子供も嬉しいのです。
眠気をグッと我慢して1週間に一回でもパパと話す時間やパパの好きなおかずを用意する。パパだって昼間は会社の人たちに気を遣いながら家族の為に一生懸命働いてくれています。ママだって毎日思い通りにならない宇宙人を相手して頑張ってくれています。
2人共幸せになる為にやれる事をやっています。
隣りにいる自分達が褒めなきゃ誰も褒めてくれません。
ここでも「ありがとう」が大事なように思います。

子供に大好きをしっかり伝える

ついつい我儘ばかり、ギャーギャーされると怒鳴りたくもなりますよね。
顔も見たくないとトイレに籠りたくなる事もありますよね。
昼間キーキー怒って夜、寝顔を見ると「ごめんね・・・」と謝るママ多いのではないでしょうか・・・あの無邪気な寝顔に罪悪感に苛まれる事ありませんか?
私は少なからずあります。
5歳の息子に関しては口も達者なので喧嘩もします。
でも必ず1日の最後、寝る前に「大好きだよ~!!」とハグします。
ギューっとすると不思議です。身体の疲れや雑念(笑)がスーっと消えていきます。
逃げられても私はギューします。照れながらも肩にもたれかかってくれる姿はそれはそれは愛おしくてたまりません。

簡単なようで難しい事。
でもこれが幸せになる一番の近道ですぐに出来る事だねとパパと話しました。

将来への不安

子供が大きくなるにつれて悩みも様々。
親が解決するだけでは終わらない出来事も出てくるでしょう。
進学や就職など壁にぶち当たる事もあるでしょう・・・

そんな時はきっと胸が張り裂けるような思いなんだろうな・・・と想像するだけで苦しくなります。きっとできることなら代わってあげたいと思うでしょう。
しかしながら何でも自分で解決しなければ前には進めない。
子供が決意する事にどーんとした姿勢で受け皿として構えていたいと思っています。
子供が巣立つ時、思い悩んで成長する姿はきっと何ともいえない幸せが待っている事でしょう。

最後に・・・

自分達を親として選んでくれた子供達。
「幸せになる」ことも目的として今一番自分にできる事は何か。
考えると案外簡単な事かもしれません。罪悪感に苛まれるなら自分が素直になった方がよっぽど気持ちがいい。そんなママやパパを見ていればきっと子供も自然と素直な子に育ってくれる・・・と私は信じています。

やれる事をこつこつと。幸せはこつこつと・・・

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の息子、2歳の娘に育児奮闘中のママです。
趣味といえばファッション雑誌を読むこと、日記を描いたりインドア派ですがここのところは家ではゆっくりできず公園に行ったり子供と外で遊んだりと身体を動かす事にも楽しみを覚え始めているただのママです。