ロングスカートでの子育ては本当に危険なのか?

ロングスカートは育児に向いてない?

ロングスカートと育児をセットで聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?
パンツスタイルにくらべてスカートは機動力に欠けるイメージがあると思います。ましてやロングスカートなんて、元気に動き回る子供と一緒にいるのにそんな恰好してて大丈夫なの?漫画のようにロングスカートの裾を踏んずけて転んでしまったりすることが多いんじゃないの?なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。

お母さんだっておしゃれをしたい

子育て中だっておしゃれもちゃんと楽しみたいと願うお母さんはたくさんいます。
育児雑誌を開くとオシャレな恰好をしたモデルさんがたくさん載っていますし、街を歩いていても、おしゃれな恰好で、ベビーカーを押しているお母さんをたくさん見受けます。
スタイリッシュだけど、ナチュラルなオシャレをされているとかっこいいなあという印象が持てます。
ローヒールやスニーカーを愛用しているお母さんが多いですが、基本的にいろいろなお洋服を自由に着ているという印象があります。
子供が出来るまではきちんとおしゃれをしていた方が、子供ができた途端、TシャツにGパンやジャージばっかりになるなんていう人は珍しいと思います。色々事情もあるとは思いますが、そういう方は元々あまりオシャレに関心がたいしてないタイプなのではないでしょうか。

体型は変わっていく

オシャレに気を遣えるお母さんは、産後も育児に負けずに体型を元に戻そうと奮闘していたり、子供にもオシャレな服装をさせたりと楽しんで育児をされていると思います。またそうすることで、生活にハリがでてきますし、子育てもがんばって楽しめるようになるものです。
それでも、妊娠・出産で体型がかわってしまって頑張っているのになかなか元の体型に戻せないと悩んでいるママが多いのも事実です。女性の構造上、骨盤は開いてしまいますし、そこに脂肪が溜まりやすくなって、体重が増えてしまったり、腰回りに贅肉がついてしまったりして、結果、体のラインはどうしても変わってきてしまいます。
今までスリムパンツをスラリと着こなしていたママも、産後お尻周りのラインが気になってスリムパンツが似合わなくなったと履かなくなったり、産前産後でオシャレの路線が変わることはよくあることだと思います。

きれいに見せてくれるロングスカート

そんな時に活躍するのが「ロングスカート」です。
パンツだと、体のラインがしっかり出てしまってガッカリしてしまいますが、くるぶしあたりまですっぽり包んでくれるロングスカートは体のラインを隠してくれますし、すらりと脚長見せの効果もありますので、好んで履かれる方も多いように思います。
しかし、やんちゃで動き回ることだ大好きな子供と一緒にいる時に、ロングスカート姿ってあぶなくないのかな?と感じる方もいらっしゃるようです。
育児中はそれでなくても、なにか事故があると「そんな恰好をしているから」なんて言われてしまうことが多いです。
しかし、ロングスカートってそんなに危険なのでしょうか?

やめておいた方がいいTPO

子供を抱っこすることが多いお母さんのファッションで、こんな格好は止めておいた方がいいんじゃないかと思えるのは、そんなにありません。
強いてあげるとすれば、「ハイヒールでの子供だっこ」「ロングスカートでの自転車」「洗いにくい服」の3点くらいです。
3点について理由を書いていきたいと思います。

ハイヒールでの子供だっこ

ハイヒールでのお出かけは、よっぽど普段履きなれている方以外はやめておいた方がいいかなと思います。元々ハイヒールは足をくじきやすかったり、バランスを取りづらいものです。ベビーカーに大人しく座ってくれていれば問題ないですが、ベビーカー飽きた!抱っこ!と駄々を捏ねだす子供も多くいます。あやしながら子供を抱っこするとなるとさらに安定性がなくなります。ふとした時に転倒してしまう危険性があるので、あまりおすすめできないかなと思います。

ロングスカートで自転車

子供を自転車に乗せて自転車を漕いで保育園や幼稚園に連れていかれるお母さんも多いと思いますが、その場合、ロングスカートは止めた方がいいです。ふわふわと軽い素材のスカートほど、車輪に巻き込んでしまうことが多々あります。
車輪にスカートを巻き込んで転倒してしまうことは想像以上に悲惨な状況になります。
危険なのでロングスカートを履いたら自転車はあきらめてください。

洗いにくい服

簡単に丸洗いできない洋服はしばらく子供が成長するまで我慢した方が経済的です。
抱っこ時代は、子供の肌に触れることが多いので抱っこした時に子供を傷つけないようなトップスや素材のものを選ぶお母さんも多いでしょう。
かわいいデザインでも、どんな素材であっても、育児中はなにかと汚されることが多くあります。
泣いた後鼻水を洋服で拭かれたり、食べ物の汁が飛び散ってしまったり、子供は汗っかきなので抱っこしていたらじっとり汗染みがついたなんてこともあります。
なので洗いやすい素材の服でないとハプニングが付きものの子育てには適していません。

ロングスカート特有の仕草


上記3点以外を除けば何を着ていても問題ないと思います。
ロングスカートだって、ちょっとした買い物や食事にいくのなら、子連れであってもなんの問題もないと思います。
ロングスカートを履いて子供を連れているだけで、そんな長いスカート履いて大丈夫?なんて本気で心配してくる人がいたら、その人はほとんどロングスカートを履いたことがない人でしょう。
ロングスカートはさほど不便ではありません。
子供と一緒にしゃがんだり、落ちたものを取ったりするときにスカートが邪魔になるのではないかとか、子供を抱きかかえている時に転んでしまうのではないか?と思われるようですが、履きなれていると必要に応じて自然にスカートの裾をまとめて対応できるものです。
逆にそんな仕草が女らしくていいと思います。

意外とうごけるロングスカート

もちろんTPOをわきまえることも必要です。これから激しい運動をするとわかっていてのロングスカートは当然無しですが、遠足程度なら問題ないと思います。軽く走ったりするのにロングスカートはそんなに邪魔にはなりません。
スカートはフワフワ風に揺れるので、子供達に興味を持たれやすいというのもあり、スカートの中に入りたがったり、めくってみたくなる子もいると思います。子供にそんなにベタベタ触らるのは衛生的ではないなんて思われる方もいらっしゃるようですが、パンツスタイルだって子供は突然飛びついてきたリ、太ももあたりに抱きついてきたり、パンツスタイルであってもスカートであってもあまり変わるものではありません。

ダイエットの敵かも!?

ロングスカートの良さは、嫌味なく女性らしさを出せるところにもあると思います。
ラフな着こなしも、カーリーな雰囲気も、シックな大人っぽい雰囲気も、トップス次第で印象を変えられるので、おしゃれを楽しむお母さんにも欠かせないアイテムのひとつだと思います。
オシャレに見えるのは、下半身のラインをきれいに見せてくれるところにもあると思います。

ただ、ロングスカートの注意しなければならない点に、ゆったりとしたデザインであればあるほど、ウエスト部分がゴムになっていることが多いのです。楽なのですが、うっかり食べ過ぎても苦しくなりにくいのでダイエット中のお母さんにはちょっと注意が必要です。
下半身を隠してくれますが、油断してダイエットを怠ると隠しきれない程贅肉をつけてしまう危険も…!あるのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

一姫二太郎の2人の子供を育てているシングルマザーです。
育児と趣味も満喫したい能天気ライフを送っています。
失敗したり、たまにメソメソしてしまうこともあるけど、人生万事塞翁が馬のを座右の銘として元気に人生奮闘中です。