子育て中のお仕事探し

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

今は働きながら子育てをする方も多くなってきましたが、結婚や出産で一旦お仕事を辞める方もまだまだたくさんいらっしゃいます。
私もその一人。自分自身の体力の心配などもあり、出産を機にそれまで長年勤めていた会社を退社しました。子どもが小学生になり、出費も増えてきてさすがにこのままでは生活するのがやっとなのでそろそろパートやバイトでもと思っているところです。でも何年も家にいたので心配になることも多くてその一歩が踏み出せません。

子育てをしながら働くこと

子育てをしながら働くということは、自分の都合だけではなく子どもやパートナーなど家族の生活の都合も考えなくてはいけません。フルタイムで働くとなるとパートナーの理解と協力は必要不可欠ですし、子どもも長い時間預けることになります。
最近は家事育児に協力的な男性も増えてきていますがまだまだ少数派ではないでしょうか。職場の環境も整っていないところも多く、また普段あまり家事をしていない人にいきなりお願いしても難しいでしょう。
パートやアルバイトなら子どもが学校に行っている時間内で働くこともできます。その分いただける給料は少なくなりますが、今まで通りの生活でも対応できそうです。
仕事を探す時にはどちらに重点をおくかをしっかり考えてパートナーとも話し合っておきたいですね。

急なお休み

子育て中のお仕事において一番の心配は急なお休みに対応できるのか?ということではないでしょうか。
子どもは急に熱を出したり体調を崩します。お出かけをしようと計画していたら出発の直前に高熱が、ということも親なら一度は経験してますよね。
お出かけは残念だけどキャンセルすればいいのですが、仕事はそうはいきません。そういう時にお休みしやすい職場というのはとても助かります。職場の人数が多くていつでも交代の方がいる職場や、子育て中の人を多く採用している職場だと対応にも慣れていて周りの理解も得られそうです。そういった職場だと事前にわかっている学校行事などの時にもお休みをいただきやすいでしょうし、選ぶときの一つの目安になりそうですね。
またそういう時に頼れる実家が近くにあれば事前に相談しておきましょう。

好きなことを仕事にしてみる

やってみたいこと、好きなことを仕事にするというのも一つの方法ではないでしょうか。モチベーションも上がって楽しく働くことができます。
私は珈琲が大好きで毎日2~3杯は飲むのですが、珈琲ショップで仕事をすれば仕事もできて美味しい珈琲の淹れ方もマスターできて最高です。お気に入りの珈琲ショップがいくつかあるのでアルバイト募集していればぜひ応募してみたいです。
以前の職場で身についたスキルが活用できればそれもいいですね。同じ職種などを選ぶとノウハウもいくらかあるので即戦力で使ってもらえます。
期間限定などもアルバイトもよく見かけるので、まずはそういうところからチャレンジしてみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

7歳の女の子のママです。出産を機に退職し、今は専業主婦をしています。 一人っ子なので全てが初体験の子育てに日々奮闘中。娘と一緒にいろいろな体験をしていこうと思っています。