子育てに免許は必要!?免許のメリットとデメリット

みなさんは自動車の免許はお持ちですか?
18歳ですぐに免許を取得した方もいらっしゃれば、必要ないから持っていないという方もいらっしゃるでしょう。
特に都会に住んでいる方は公共の交通機関が充実していますので、車を自分で運転する必要性が感じられないという方が多いのではないでしょうか。
しかし、こどもが産まれると今までと状況が変わるので、必要になったという話を聞いたことはありませんか?
そこで今回は、子育てに自動車の免許はあったほうがいいのか、メリットやデメリットなどについてお話ししたいと思います。

子育て自動車免許は必要?

さっそくですが、免許はいつ必要だと思いますか?どんな時に必要かかんがえてみました。
1.子供が急病の時
2.子供を連れて買い物に行った時
3.雨の日
このくらいでしょうか。確かに車があればスムーズに行動できそうですよね。特にこどもがいると大きな買い物をしたときは、大変ですよね。

では次に、車を運転するメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 子供が急病の時(タクシーがすぐにつかまらない時)
  • 子供が2人以上いる時
  • 実家に帰るとき(パパがいなくても外出できる)
  • 仕事復帰した時(保育園の送り迎えなど)
  • 行動範囲が広がる

デメリット

  • 維持費がかかる
  • 2台持ちになってしまうことも
  • 運転するのが怖い

子供を複数人連れてバスや電車で移動するとなると相当な体力と周りへの気遣いが必要になります。ですので、子供の人数が多いと車はあった方がよさそうですね。車を維持するには、ある程度のお金も必要になりますので、すでに1台お持ちの方は使い方に工夫をしたり、家族で話し合い、各家庭のスタイルや家族構成に合わせてということになるでしょう。

妊娠中に免許ってとれるの?

こどもが産まれると時間がないから、妊娠中に免許を取りたいとお考えの方もいらっしゃると思います。妊娠中って免許は取れるのでしょうか。

妊娠中に免許を取ることは可能ですが、教習所によっては、禁止しているところもあるようです。妊娠中の教習は思っている以上に体に負担がかかってしまいます。

なかには、安定期に入り体調がいい場合は問題ないと言われる場合もあります。しかし、
教習が進むと路上での教習になり、当然交通事故のリスクがあります。
ですので、教習所に行く前に産婦人科の主治医に相談して行くことをおすすめします。

いかがでしたか?
自動車の免許は絶対に必要とは一概には言えませんが、いざという時のことを考えるとあった方がいいのかなと思います。
妊娠中の免許の取得はご自分の体調や先生とよく話し合い取るようにするといいですね。
悩まれているかたはぜひ参考にしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

19歳で1人目女の子を出産。20歳で2人目女の子を出産。その後離婚し、8年間シングルマザーでしたが、再婚しました。現在3人目女の子妊娠中!
人生いろいろですが、なんとかなる!!をモットーに奮闘しています。