9歳の子育て

子供の9歳と言う年齢は、今までの成長過程の転換期と言われているそうです。
これまで築き上げてきた基礎をその子供自身がどのように展開していくのかその子次第にそれぞれ変わっていくのです。

9歳の壁

9歳になると、9歳の壁と呼ばれる言葉が存在するほど、この年は子供が壁にぶつかりやすい時期なのです。
9歳は学校で言うと、小学校3~4年生ぐらいに当たります。3,4年生と言いますと、自分が子供時代を思い出すだけでも、勉強面や周囲との比較など、今までの幼い感じよりも少しレベルアップしたのを思い出します。
3年生ぐらいから勉強面では、少数や分数などレベルがアップし、勉強についていくのも個人差が出始め、つまずいてきてしまう子も出てきます。そのため、他人と比べてしまい自信を無くしてしまう子供もいます。これが9歳の壁と言うものです。

親のサポート

ここで、大事になるのが親の子育ての仕方ではないでしょうか。この壁にぶつかった子供をどのようにサポートするのかが大事になってきます。
親から見ても、これまでは子供にも感情があると言っても、可愛らしい内容の感情だったものが、他人と比較して自分を客観視していると言った大人らしい問題にぶち当たってくるのです。成長したのだなと感心すると同時に、どのようにサポートしたらいいのか悩んでしまいますよね。
では、実際この場合にどのように接したらいいのでしょうか。
具体的サポートの内容としまして、子供は自信を失い落ち込んでいる状況です。そこに追い打ちかけて指摘しては子供の気持ちを更に落ち込ませることとなるので、それは避けていただき、自信を無くしている状態から、自信を持たせるようにプラスなことを見つけてあげて欲しいです。
他のところで出来る事を褒めて、自信をつけるよう気持ちをあげていき、そして、問題であった出来ないところを、子供と親が一緒になって考えていけば、子供の気持ちも前向きになっていくのではないでしょうか。
そうすることで子供も、努力すると言うことを学べ、しかも、それが克服することで自信につながっていきます。

子供と同時に親も成長

こうやって、子供が壁にぶつかって落ち込んで、どのように解決するのか、将来大人が誰しも経験していくことを身につける最初の一歩目になるのです。
子供も成長していくと同時に、親も一緒になって成長出来ていくのではないでしょうか。子供のおかげでもう一度、親自身も成長できることは有難いことなのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。
しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。
これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。