忙しい子育てママでもできる!効率よい料理のコツ

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

子育てをしながらの毎日の食事の準備は本当に大変です。私も育児に追われて食事の準備まで手が回らなかった時期がありましたが、今は比較的効率よく料理ができるようになりました。今回は自分が実践している、子育てしながらの料理のコツをご紹介したいと思います。

作り置きおかずを冷蔵庫に入れておく

毎日なにかしらの作り置きおかずが冷蔵庫に入れておくことを心がけています。すぐに食べられるおかずがあるというのは本当に助かります。時間がないときは、ご飯と作り置きおかずだけで食事をすることもあります。
作り置きおかずの例としては、筑前煮やひじき煮のような煮物や、きゅうりの酢の物やにんじんしりしり、ナムルなどの野菜、鶏ハムや牛肉しぐれ煮などの肉のおかずを作っています。
作り置きのおかずを作る時間自体がないという方もいらっしゃると思いますが、育児の合間の細切れの時間を上手に使って、野菜を洗ったり切ったりという作業を少しずつ進めておくだけでも時間が短縮できるので試してみて頂きたいと思います。野菜は洗って切っておくだけでサラダとして食べられますので、これで一品できたと言えます。

献立を考えておく

キッチンに立ってから「今日は何にしようかな?」では、それだけで時間がとられてしまいます。あらかじめ献立を考えておくことは、時間のない子育てママにとってはとても重要だと思います。私は作り置きのおかずを使うことも多いのですが、メインを大まかに3日単位ぐらいで考えておくようにしています。時には子どもからのリクエストで思いがけず別のものを作ることになる時もありますが、それはそれでいいと思っています。何を作るか決まらず時間だけが経つのは避けたいと思っています。
献立を事前に考えておけば買い物の時にも献立を意識して必要なものを無駄なく買えるし、買い物に行く回数自体も減らせると思うので、子どもが小さくて買い物に出るのも大変なママさんには特に事前の献立決めをおすすめします。

お弁当の準備は前日夜に

朝お弁当作りをされているママさんも多いと思いますが、忙しい朝はなるべく時間をかけずに準備をしたいものですよね。私は、お弁当の準備は前日の夜にほとんど済ませておいて、朝は温めなおしてお弁当箱に詰めています。だいたい15分ぐらいで作っています。普段の作り置きのおかずや、お弁当用に前日夜に作ったおかずを使います。
どうしても朝に調理する必要があるものは、前日の夜に洗って切って保存容器に入れておくと起きてからの作業がスムーズです。調味料もあらかじめ合わせておいてすぐに使えるようにしておきます。
もちろん、お弁当のメニューについても夜のうちに全て決めておいて、書いてから寝ます。そして翌朝メモを見ながら作業を進めます。ほとんど冷蔵庫の中に作って入れてあるものを出して温めるだけなのですが、それでも時間のない朝にメモがないと少し焦ってしまいます。

まとめ

ちょっとしたコツで、子育てをしながらでも効率よく料理をすることができるということをお伝えしました。忙しい中でも、少しでも手作りのご飯を家族に食べさせてあげられるように、これからも工夫をしていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

小学3年生と幼稚園年少の二人の男の子を育てているアラフォー主婦。ドタバタと目の前で繰り広げられる兄弟喧嘩にため息をつきながらも、子どもたちの元気な成長に感謝しながら過ごす毎日。