PTAは任意加入だよね?

子供が学校に通い始めると同時に保護者間でもはじまるPTA選び。PTAと言う言葉一度は耳にしたことがあると言う方が多いのではないでしょうか。
PTAと言う言葉知っているけど、いったい何をしているの?と言う方もいらっしゃるかもしれません。実際子供が学校に通い始めて自身でPTAと言うものを目の当たりにしないと具体的なものと言うのはわかりませんよね。
そこで、PTAの事を知らなかった、これから関わってくるので知りたいと言う方に少しでもお役に立てれば幸いです。

PTAとは

では、PTAとは具体的に何かと言いますと、ほとんどの学校にはPTAと言う団体が存在しており、新学期ごとにPTAの役員が決まります。この役員の決め方はそれぞれ学校や地域によっても異なりますが、立候補制であったり、推薦、または知り合い同士間でお願いしあったり、クジで決めることもあります。
役員の内訳としては、会長、副会長、会計や行事ごとの役員などで構成されています。
活動内容としましては、学校行事、例えば、運動会やマラソン大会などの学校のお手伝いや、子供たちの登下校のパトロール、また、広報のための学校の新聞作成まで行ったりもします。一年間を通してなので、なかなか大変な役割であることは間違いなさそうです。なので、多くの保護者が出来ることなら役員をしたくないと言う気持ちの方が少なくはないと思います。

PTAは任意

保護者の方は毎年毎年、今年は当たらないかなと、不安になってしまいます。では、このPTAと言うのは強制的に加入しなければならないのかと言う問題が生じてきます。しかし、PTAは基本的に任意加入なのです。ですから、加入しなくてもいいので、役員にも選らばれる必要もないと言うことです。
しかし、現実的には「私はPTAには加入しません」と言える環境では無いので、なかなか言うのに勇気がいります。
なかには、PTAに加入しないことで嫌がらせを受けると言った事例さえあるのです。また、ほぼ強制的に入らないといけない雰囲気と言うところもあります。
この様に、PTAは任意加入とはされているものの、ほとんど入らないといけない雰囲気と言うところが多いのが現実です。しかし、そんな中、時代も変わり、最近ではPTAを廃止する学校も出始めたのです。このPTAの加入問題は昔からあるようです。
個人的には、廃止までとはいかなくても良いですが、この事によって保護者が大変な負担になるのも考えものだなと思います。本来の目的は子供たちの為と言うことを一から見直し、PTAと言う団体そのものがいい方向に向かっていってほしいものだなと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。