PTAなんて、やりたくない!どうしたらよい?

子供がやっと保育園・幼稚園を卒業して小学校に入学し、仕事も始めてみようかな、少しは手が掛からなくなるかなと期待してしまいます。
しかし、学校に入り始めたら保護者に回ってくるかもしれないPTAという役割。中には率先してPTAを任されたいと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、なるべくやりたくないと言う方が多いのではないでしょうか。
PTAの役員になれば、月に何度も会議に参加し、休みの日にまで学校に来て仕事をしたり、学校外でも活動しなければなりません。
本音としては、なるべく自分は避けたいところです。

PTAの免除

なるべく避けられるなら避けたいPTA。やらないかと声を掛けられた時に、免除できるというものがあるのです。
もちろんこの免除の条件も学校によって異なりますが、免除されやすい内容としまして、まずは、数年内に役員を全うした保護者。これはうちのマンションの管理役員でも同じ事が言えるのですが、やはり人数もたくさんいるので、同じ人がまた役員を引き受ける必要が無いというものです。色んな人に平等に当たらないと不公平になってしまいます。
次に、母子家庭・父子家庭の方や転勤予定や引っ越しの予定の方も免除されやすいかもしれません。母子家庭・父子家庭だとやはり忙しいでしょうし、考慮されやすいです。また、引っ越し予定の方も、任期の途中でいなくなっても、PTA内が困ってしまいますから考慮されやすいでしょう。
この様に、明らかに引き受けるのが困難だと言う理由だと免除されやすいと思います。

PTAの断り方

そもそもPTAと言うものは保護者と学校の団体になるのですが、強制的なものではなく、絶対に入らないといけないと言うものでもないのです。
ですから、PTAに頼まれたら断る権利もあるのです。
しかし、一方的に強気に私はしません!と言ってしまうと、自分の周りからの評判も下がりかねませんし、何よりも子供にまで影響が出てこないかと言う心配があります。ですから、断り方も大事になります。
上記の免除対象の方はそのことをしっかりと伝えたらいいと思います。免除の対象ではない方も、実際仕事が忙しすぎて時間が無かったり、体調が悪かったり、本当に出来ない理由を、嘘なしで真剣に伝えれば相手にも伝わるはずだと思います。
しかし、それでも分かってもらえず引き受ける状態になってしまった場合、そこで、もめてしまっても、後々環境が悪くなってしまうなどの影響もあり得るかもしれないので、一年は任期を務めることも覚悟しないといけないかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。