PTAの本部役員の決め方、メリット

子供の学校などで毎年必ず選ばれるPTA。PTAの役割はそれぞれ色んな担当があります。この中でもPTA本部役員と言うポジションのお仕事があります。
本部役割とは、PTAの中でも最も大変で重要な役割をしている会長や副会長、総務や会計など、学校によって少しの違いはあるかもしれませんが、これらの方たちの事をいいます。
この本部の仕事は、主に学校の行事の手伝いや会費の取り扱いなどが多く、いわば学校の裏型の仕事を担当しているようなものです。

本部役員の決め方

この本部役員、会社で言うところの社長や副社長、会計などのトップの方みたいなものですから、やはり仕事の内容も責任あるような内容が多く、結構忙しいだろうと思います。しかし、会社と違うところは給料が出るわけでは無いという点です。
保護者の方それぞれの家庭の生活もありますから、なかなか無償で忙しい役員をしたいと言う方は少ないのではないでしょうか。では、この重要な役割はどの様に決まるのでしょうか。
決め方は各PTAによってそれぞれ違いはありますが、いくつかパターンがあり、まずは、その年のPTA本部役員をした人が自分の周りで適任そうだと思う方に直接声をかけて次期役員にお願いする形です。これなら、声をかけようと思う方の家庭環境なども把握しているので、PTAのために時間が作れるかどうかも分かるため声を掛けやすいかもしれません。
次の決め方のパターンは、PTA選考委員が依頼する方法です。
この選考委員と言うには、時期本部役員を決める活動をする委員で、この委員になった方が、それぞれの保護者に本部役員をお願いすると言った形です。
しかし、実際には、立候補で役員になりたいと言う方はほぼいなく、推薦で名前をあげられた方に電話をかけてお願いしたり、推薦に名前さえも上がらない場合は、片っ端から保護者の方に電話をかけてお願いすると言った事があるようです。
実際のところはなかなか難しいようです。

本部役員になったメリット

ここまで見てみると、本部役員は責任が重くやる事へのデメリットばかりを考えてしまいます。しかし、メリットもあると思います。
仕事は大変かもしれませんが、やり遂げた後の達成感はもちろんあるでしょうし、役員を受けたことのよって、更に色んな分野の人たちとの出会いのもあるでしょう。学校の中のさまざまな学年の情報も入ってくることもあると思います。
そう考えれば、人生の一部分としていい経験になるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。