子育てファミリーの必需品!ビデオカメラで残そう!子供の成長記録

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

子供の誕生を機にビデオカメラを買ったという人は多いですよね。
我が家も、1人目を妊娠中に初めてビデオカメラを購入しました。
子供の成長はあっという間です。今しか見られない瞬間を動画で残すことができるビデオカメラは、子育てファミリーにとって欠かせない子育てグッズの一つとなっていますよね。
ということで、今回はビデオカメラの選び方のポイントや、おすすめ機種についてご紹介したいと思います。

ビデオカメラは必要?

そもそも、ビデオカメラは必要なのか?と思われる方も多いと思います。
デジカメやスマホでも動画を撮影することはできますよね。
実を言うと、私も普段の写真や動画撮影はもっぱらスマホを使っています。
やはり、「撮りたい!」と思った瞬間すぐさっと取り出して使えるスマホは本当に便利ですよね。それでも、子供の幼稚園や学校のイベントの時には、必ずビデオカメラの方を使うようにしています。(ちなみに、撮影係は旦那です…)
スマホ撮影の場合はズームにも限界があるし、デジカメでの動画撮影もバッテリーの消費などが気になります。その点ビデオカメラの場合は、ズームの倍率が高く、手ブレにも強く、高画質で長時間撮影できるので、特に運動会や発表会などでの撮影には欠かせません。
やはり一台あった方がいいかなと思います。

選び方のポイント

子育てファミリーが初めてビデオカメラを購入する場合の、選び方のポイントです。

手ブレ補正機能

手ブレ補正には光学式と電子式の二種類があり、それぞれを一言で簡単に言うと
⇒光学式手ブレ補正は、補正が自然で画質の劣化がなく、きれいな画像が残る
⇒電子式手ブレ補正は、補正効果が弱く画質は劣るが、価格は安い
値段があまり変わらない場合は光学式を選ぶのがよいかと思います。

ズーム

ズームにも光学ズームとデジタルズームがありますが、光学ズームの倍率を見て選ぶ方がよいです。デジタルズームは倍率を上げると画質が悪くなってしまいます。

重量

手に持って長時間撮影をする場合、重いものだときついですよね。
ママが使うことも考えると、重さは300gぐらいまでの物がおすすめです。

価格

初めて買うビデオカメラであれば、まずは予算5万円以内で選びたいですね。

それでは、以上の点を踏まえて、おすすめのビデオカメラをご紹介していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

小学3年生と幼稚園年少の二人の男の子を育てているアラフォー主婦。ドタバタと目の前で繰り広げられる兄弟喧嘩にため息をつきながらも、子どもたちの元気な成長に感謝しながら過ごす毎日。