こども写真館で七五三写真を残そう!

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

子どもの七五三では、かわいいわが子の晴れ姿を記念写真として残したいものですよね。今回は多くの子育てファミリーが利用している人気のこども写真館「スタジオアリス」「スタジオマリオ」について両社を比較しながらご紹介していき、初めてスタジオで撮影される方のために撮影時のアドバイスなどについてもお伝えしていきたいと思います。

スタジオアリスとスタジオマリオの比較① 衣装について

スタジオアリスとスタジオマリオ、どちらも同じような子供写真スタジオですが、どちらにするか迷っている方のために、簡単に比較してみたいと思います。
まず、衣装の数や種類に関してですが、これは結論から言うとスタジオアリスの方が充実しています。特にディズニー系のキャラクターの扱いが多く人気が高いです。ミッキー・ミニー・プーさん・アナ雪・シンデレラ・白雪姫・ピーターパン・トイストーリーなどなど、他にも多数あり、かなり多彩です。一方マリオの方はNHKのいないいないばあっ!の衣装やワンワンなどのキャラクターと一緒に写真を撮ることができます。衣装全般での比較ではアリスの方が優勢ではありますが、お子さんのキャラクターの好みによってはマリオを選ぶ場合もあると思います。

スタジオアリスとスタジオマリオの比較② 料金と画像データについて

スタジオアリスとスタジオマリオ、料金に関してはマリオの方がやや安いですが、どちらもそこまでの差はありません。七五三など各種キャンペーンも同様のものが行われています。最も大きな違いとしては、写真の画像データの価格と購入方法です。どちらのスタジオも購入する商品の写真に限り画像データを購入することができますが、アリスでは撮影日から1年経過しないと画像データを購入することができません。マリオの方は約2週間後には受け取れますので、ここが一番大きな差ではないでしょうか。画像データの価格はアリスが540円なのに対してマリオは5400円もかかるのですが、アリスの画像データは圧縮画像で、マリオの高画質のデータと比較すると劣ります。画像データを使って年賀状を作成したり焼き増ししたいという方にとっては、高画質画像がすぐに購入できるマリオの方が魅力的かと思います。

初めてのかたへ スタジオ撮影時のアドバイス

初めてスタジオで七五三写真を撮影する場合、お子さんは3歳または2歳の場合もあると思います。慣れない場所に戸惑って泣いたり、眠たくなってぐずってしまうこともありますので、いろいろなことを想定して準備しておきましょう。まず、予約時間は子どもの眠くなりそうな時間を外して設定します。また、おもちゃや絵本やお菓子(衣装を汚さずに簡単に食べられるもの)などを用意しておくと、着付けや撮影中に機嫌が悪くなってきたときに気を紛らわせることができます。お店にもおもちゃやDVDが用意されていますが、お家から持っていっておくと安心です。また、初めての着付けで着物や髪飾りを嫌がるかもしれないので、家にある髪飾りを付けて練習を自宅でしておくこともおすすめです。また、知らない場所で不安になるお子さんの場合は、事前にスタジオに連れて行ってあげたり、チラシの写真を見せてあげて、今度ここでお写真を撮ろうねと事前に話してあげておくと安心できるかもしれません。
また、アリスやマリオでは持ち込んだカメラでの静止画撮影はNGですが、ビデオカメラは回してもOKなので、ビデオカメラを持っていくことをおすすめします。ビデオカメラで撮った動画から写真データを作ることもできなくはありませんし、写真撮影時の動画として後で見ても楽しいものなので、持っていかれるといいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

小学3年生と幼稚園年少の二人の男の子を育てているアラフォー主婦。ドタバタと目の前で繰り広げられる兄弟喧嘩にため息をつきながらも、子どもたちの元気な成長に感謝しながら過ごす毎日。