今年の誕生日はプレゼントに絵本を贈ってみませんか?

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

誕生日プレゼント,毎年何にしようか悩みますよね。お気に入りのキャラクターグッズやおもちゃなどもいいですが,たまには絵本なんていかがですか?絵本が好きな子はもちろん,絵本に興味がない子も楽しめる絵本があります。誕生日プレゼントも,クリスマスプレゼントも,絵本だった我が家の子どもたちの反応をもとに誕生日プレゼントにオススメの絵本を紹介します。

誕生日がテーマの絵本

せっかく誕生日に贈るので,1年に1度しかない誕生日をテーマにした絵本はいかがですか?

「ねこざかなのたんじょうび」
文・絵/わたなべゆういち


さかなの中にねこが入ってねこざかな。そんなねこざかなの誕生日はねことさかなが出会った日。ふたりの仲良しさがうかがえるユーモアのある絵本です。
また,ねこざかなの絵本はシリーズものですが,このねこざかなのたんじょうびにはポップアップの仕掛けもついているのでシリーズの他の本にはない楽しさもあります。

「うさこちゃんのたんじょうび」
文・絵/ディック・ブルーナ


長く愛されているミッフィーのたんじょうび絵本です。うさこちゃんが愛らしいのはもちろんですが,60周年記念特別版には特別付録としてメッセージカードとシールが付いています。特別感があってお子さまへのプレゼントにぴったりではないでしょうか。

「ノンタン バースデイブック」
文・絵/キヨノサチコ


ノンタンのバースデイブックです。名前や体重,身長などを書き込むことができるため,オリジナル絵本を作ることができます。また成長の記録だけでなく,最後にはノンタンたちがお誕生日のお祝いもしてくれるので,読んでもうれしい絵本です。あわせて

「ノンタンのたんじょうび」
文・絵/キヨノサチコ


もおすすめです。誕生日のサプライズに子どもたちも思わずにっこりです。

乗り物がテーマの絵本

プレゼントなので贈られる子の好きなものをテーマにした絵本もいいですよね。あなたの贈りたいお子さまはどんなことが好きですか?
まずは乗り物をテーマにした絵本から

「せんろはつづく」
文・絵/竹下文子・鈴木まもる


この絵本は何度も「どうする?」と問いかけてきます。読んでいる子がお話の続きを一緒になって考えることができるので,乗り物が好きな子はもちろん,乗り物にあまり興味がない子でも楽しむことができます。

「おとうさんはしょうぼうし」
文・絵/平田昌広・鈴木まもる


パトカーや消防車,救急車といった緊急車両が大好きな我が家の長男のお気に入りの1冊です。消防士の仕事がよくわかるので将来は消防士になりたいと言っているお子さまへのプレゼントにもぴったりだと思います。
また,私はこの絵本の最後が大好きです。「ほら,はやく ボールもってこいよ」働くお父さんをかっこいいなぁと思える絵本です。

「もりたろうさんのじどうしゃ」
文・絵/おおいしまこと・きただたくし


退職したおじいさんが自動車の運転免許をとるお話です。この絵本のおかげで道路を走っている自動車教習所の車は我が家では「もりたろうさんのくるま」と呼ばれるようになりました。話の途中で銀行強盗やパトカーが出てくるなどあっと驚くストーリー展開の絵本です。

ユーモアのある絵本

次はちょっと笑える絵本はどうでしょう?

「さつまのおいも」
文・絵/中川ひろたか・村上康成


いもほりをさつまいも側から見たお話です。さつまいもの最後の決め台詞が何とも言えません。
はっはっはっ わたしたちのかちで ごわす
一時,我が家の流行語にもなりました。引っこ抜かれたおいもたちの勝ちとはどういうことなのでしょう?ぜひ読んでみてください。

「オオカミのごちそう」
文・絵/木村裕一・田島征三


おなかをすかせたオオカミがブタを探して歩くお話です。
最初に見つけたブタがオオカミの頭の中でどんどん大きくイメージされていきます。
「(最初の)ブタさん,こんなだった??」
と聞きながら読み進めていくと子どもたちがニヤニヤしながら聞いています。
また,オオカミの話といえば

「ぶたのたね」
文・絵/佐々木マキ


もオススメです。思わずオオカミを応援したくなる絵本です。

「おばけのコンサート」
文・絵/たむらしげる


おばけたちがいろんな楽器を持って登場します。楽器の音がユーモアたっぷりで読むほうはなかなか大変ですが子どもたちは楽しんで聞いてくれています。音を楽しむ絵本としてオススメです。

小さな子でも楽しめる絵本

小さなお子さまにはこちらをどうぞ。1歳児が夢中になってしまう絵本です。

「おててがでたよ」
文・絵/林明子


この絵本を読んでいるとなぜか私の顔に注目する末っ子。
あれ あれ あれ,うーん うーん,など,絵本に合わせて困った声,表情をするのがお気に入りのようです。この絵本を読むようになってからお着替えを嫌がったときこの絵本をそらんじるとばあーと,絵本に合わせてお着替えしてくれるようになりました。ありがたい1冊です。

「だるまさんが」
文・絵/かがくいひろし


大人気のシリーズ絵本なのでご存知かもしれません。
我が家の子どもたちもこのシリーズがみんな大好きで,だるまさんになりきって身振り手振りを加えながら読んでいます。
1歳半の末っ子がカウンターの下に隠れて1人でこの絵本をめくりながらだるまさんのマネっこをしているのを見つけたときは我が子ながらかわいい~!!と,キュンッとさせられてしまいました。

「くっついた」
文・絵/三浦太郎


いろんな動物がくっつくのですが,やっぱり一番は最後にお母さん,お父さんとくっつくところ。絵本と同じように子どもにくっついてあげると大喜びします。
我が家は兄弟が多いので,お母さん,お父さんの間に上の子たちの名前を入れたりすると上の子たちも喜んでくれます。
ついでに兄弟関連でオススメなのが

「ねえたんがすきなのに」
文・絵/かさいまり・鈴木まもる


自分の子どもの名前を入れて読んであげると本当に自分たちのことのように感じるようでじっと聞き入っています。一緒に遊びたいけど一緒にいるとなぜかケンカになってしまう・・・そんな兄弟関係に悩んでいたときによく読みました。この本を読むとなんとなくお互いがうれしそうにしていたのを覚えています。
このように我が家では絵本に出てくる名前を子どもたちの名前に変えて読んでいますが,絵本の中には登場人物の名前として子どもの名前を入れることができるものもあります。興味のある方は「絵本 名前」などで検索してみてくださいね。

絵本に興味がない子にオススメの絵本

我が家の次女はあまり絵本に興味がありません。ほかの子に読んでいると一応,聞きには来るのですが反応がいまいちであることが多いのです。そんな次女が「もう一回読んで」とリクエストするほど喜んだ絵本を紹介します。

「ねずみきょうだいのだいかくれんぼたいかい」
文・絵/まつもとしゅんすけ


この絵本は,探し物絵本です。ただ,探し物をするだけでなくストーリーもあるので読んでいるほうも楽しむことができます。兄弟のかくれんぼが終わったらおしまいかと思いきや最後の見開きに10匹のねずみ兄弟全員のかくれんぼが待っていてしっかり探し物を楽しむことができます。

「くれよんのくろくん」
文・絵/なかやみわ


次女は保育園の発表会でこの絵本を題材とした劇をしました。劇がよほど楽しかったようでこの絵本もすっかりお気に入りの1冊になりました。そのはまりようはくれよんのくろくんシリーズの他の本も読みたがるようになるほど。
このように保育園や幼稚園,小学校等の発表会などで演じた絵本をプレゼントするのもおすすめです。きっと演じたときの想い出とともにその子の大切な1冊になると思います。

「ドアをあけたら」
文・絵/しまだともみ


この絵本は読んでいる私も驚かされました。大人の想像を超えるほどの仕掛け絵本です。きっと読んであげるあなたも楽しめるはず。
仕掛け絵本って答えがわかってしまうと面白くないのでは・・・と思っていたのですが子どもは答えが当たることがうれしいようで答えを知っているほうがより楽しめているようです。

まとめ

今回紹介した絵本はあくまでも我が家の子どもたちの反応から選んだものです。
絵本には好みがあります。
今回紹介した絵本の中にあなたやあなたが贈ろうしているお子さまが気に入る絵本が1冊でもあるといいなと思っています。
気に入った絵本と一緒にいつもとは違うステキなお誕生日を迎えられますように。

ABOUTこの記事をかいた人

女の子2人,男の子2人を持つ母です。 趣味は読書。 とにかく本が大好きです。 我が家のプレゼントは誕生日もクリスマスも絵本! 「母さんがほしいだけでしょ!!」 気付いた長女に成長を感じる今日この頃です。