しつけと暴力について、どこからが虐待?

しつけと虐待

子供が約束を守らない、危険なことをする、ふざけてばかりいる、話を聞かない、反抗的な態度をとる…そういう時、つい発作的にパシン!と手をあげてしまうこと、ありますよね。しつけと言えばしつけだし、でも暴力といえば暴力。叩いてしまった後で、これって虐待?と悩むママたちも少なくないはず。では、しつけと虐待の境界線はどこにあるのでしょうか。

躾、とかいてしつけと読みます。外で恥ずかしい思いをしないよう、美しい所作を身に付けさせるという意味からきているのでしょう。そうかんがえると何だか美しく、素敵な言葉に思えてきますね。

しかし実際に子供にしつけをするのは、簡単なことじゃありません。今は昔ほど「親の躾がなってない」なんて言われることはなくなってきたかもしれませんが、子供が世間的マナーを守れずにいると、親が痛烈な非難をうけるケースはまだまだあります。

一方で、しつけのために叩いていると虐待しているんじゃないかしら?と思われそうで怖いという方もいるでしょう。家ではついパシン!と叩いてしまうけれど、外出先だと悪いことをしてもなかなか叩いてしつけ、というのはやりずらいですよね。

しつけの定義

ではそもそも、しつけとは何でしょうか。辞書には「礼儀や作法を教え込むこと」とあります。私が思うに、しつけは子供が家の外で過ごすとき、他人に迷惑をかけたり、他人を不快にさせたりするような行動を取らないように、社会のマナーやルールを学ばせる事のように思います。

例えば、公共の場所では静かにとか、共同で使うものは大事にする、食事の際は一緒に食べる人が不快な印象を持たないように最低限のマナーは守るとかいう、という類いのことを学ばせるために注意したり怒ったりするのは、しつけだと言えます。

また、人としての道徳を教えることもしつけの1つかもしれません。人の嫌がる事はしない、約束は守る、真面目は話は真面目に聞く、自身や他人を危険にさらす行為はしない、お世話になったら感謝を忘れず、失態をしたらきちんと謝る、等々。

しつけは、親や周囲の大人が、子供が成長して社会に出たときに、社会の中で困らずにやっていけるよう、周囲の人と円滑に過ごし助け合いながら生きていけるよう、その術や決まり事を教えることなんじゃないでしょうか。

それを教える際に、つい手が出てしまったとしても、虐待とは思えません。友達を叩いてしまったら、同じ痛みを感じさせるという方法が有効なこともありますしね。また、危険なことをしたらはっきりと、絶対にしてはいけないことと心と体に刻ませる必要もありますから、体罰が必ずしも悪いとは言えないでしょう。

虐待の定義

一方虐待はどうでしょうか。虐待と一言で言っても、その形態は暴力だけではありません。全く世話をしない放棄型虐待(ネグレクト)、性的な行為を強要したりする性的虐待、子供の存在を否定するような事を言う言葉での虐待、日々DVの現場を見続ける事による心理的虐待というものもあります。

体に跡の残らない心理的虐待は周囲にも気づかれにくく、子供が1人で抱え込み、一生トラウマから逃れられず苦しむケースも少なくないそうです。一方物理的暴力による虐待であっても、テレビドラマで良くみられるように、親が隠したり子供に口止めしていたりしているために、見過ごされてしまうこともあります。

虐待による暴力の場合は、その痛みによって子供に何かを学ばせたいという意図からでなく、力によって相手をコントロールし服従させることが目的です。親のイライラの矛先を子供に向けて、八つ当たりで殴ったり蹴ったり、またひどい言葉を浴びせかけて、虐げることで自分の強さを証明したいという気持ちの表れともいえます。

しつけと虐待の境界線


しつけと虐待、このように比較すると全く別物のように思えますが、実際には専門家ですらその線引きは難しいのだといいます。傍からみると虐待とまではいえないことで悩んでいる方もいれば、どうみてもやりすぎなのに、しつけと言い張る親もいる。

確かに、いくら最初はしつけのためにと思っていても、子供の体に明らかな痣や傷ができるほどの暴力は、その域を超えていると思えます。子供の安全を脅かすような行為をしたり、心理的に深い傷を負わせてしまうような場合もそうですよね。

しつけは子供のためにしていること、虐待は親の都合でなされること、というのは簡単です。でも、親が子供のためと思ってやることが、必ずしも子供が望んでいるわけではありません。

子供は何かを必死に訴えているのに、「こんなに親のいう事を聞かない子だと将来困るから!」といって暴力で服従させようとしたり、「あなたのために私は自分を犠牲にしてやっているのに!」と思い通りにならない子供に体罰を与えたりするのは、もうしつけとは呼べない気がします。

イライラしてつい…これは虐待?乳児の場合。

一方で、子供はさほど悪くないのはわかっていながら、ついイライラして手をあげてしまったけれど、怪我をするほどでもなく、また日常茶飯事というわけでもない場合はどうでしょうか。暴力は暴力かもしれませんが、明らかな虐待とはいえないケースです。

例えばまだ子供が極小さい赤ちゃんだったとして、いくらあやしても泣き止まず、夜中も何度も起こされて、お母さんはクタクタ。お母さんが悪い訳じゃないけれど、赤ちゃんに責められているような気がして、ダメな母親だと自己嫌悪するあまり、気が狂いそうになる。その時、完全に理性を失って発作的にあかちゃんを強くつねったり、ミルクを与えなかったり、しかもそれを日常的に繰り返す場合、これは虐待ですよね。

一方、ある程度理性を保ったまま、赤ちゃんを柔らかい布団にぼんっとほおり投げてしまった場合。赤ちゃんは泣きますが、もちろん安全を確認した上でやっているので、怪我はありませんし、ただ一度きりで、その後悔してきちんと抱きしめてあげる。これも虐待でしょうか?

相手が赤ちゃんだと、しつけも何もありませんから、定義によるとどちらも暴力による虐待になってしまいます。けれど、後者を虐待と決めつけてしまうにはちょっと抵抗がありますよね。

幼児期や学童期の場合

幼児期や学童期になると、また少し複雑です。もう三十年前、私の兄の話になります。当時はしかられた子供が外に出されて、玄関前で泣いているなんて事は、わりと日常的にありました。ですから兄もたまにお仕置きとして家から閉め出されてしましたし、隣のお家の子供もたまに出されていました。

また兄は昔からイチゴがきらい。嫌いなら食べなくてもいいんじゃないかと思うんですが、父は折角買ったイチゴにまったく手をつけない兄に腹をたて、押さえ込んで無理やり口に押し込みました。そのせいか、兄は今でもイチゴは嫌いです。しかしこうしたことが虐待かというと、父も兄も、誰もそうだとは思っていないでしょう。

普段からの親子関係によっても変わる

一方で、私の知人は特別暴力を振るわれた訳ではないけれど、母親が執拗に自分の欠点を羅列し嘲笑し続けたことを、心理的虐待と捉えています。成長した子供が、自分は何か幼年期に大きなトラウマを抱えているかもしれないと思ったとき、幼いころにうけた暴力は仮にどの家庭にもあるような些細なものであっても、子供を苦しめる材料となることがあります。

つまり、ちょっとした暴力ひとつとっても虐待と捉えるかどうかは、子供がわの受け取りかたに依って違うと思うのです。そして子供の受け取り方は、日常的な親子関係に大きく左右されるのではないでしょうか。

子供が将来的にトラウマとしてかかえこんでしまいそうな身体的、肉体的暴力というのは、子供が自分の存在を否定してしまう類いのものです。もし叩かれたり罵られたりしても、自分という人間は愛されていると子供の方が実感できている親子関係が普段からあれば、子供の心理的ストレスはそう大きくないかもしれません。

ただ、多くの子供は親を守ろうとします。明らかな虐待を受けているのに、自分だけが悪くて、親は自分のためにやってくれていると思い込もうとします。悲しいことに、そう思わないと虐待されている自分を受け入れられないのかもしれません

しつけに暴力は必要?


ではそもそも、しつけのために叩いたりすることは必要でしょうか。うちでは長男は、結構パシパシ叩いていました。一人目で育児に余裕が持てなかったせいもあるのでしょうが、こら!と怒るとき言葉よりも先に手が出てしまい、その後言い聞かせるというようなしつけをよくしていました。

一方弟は、年がちょっと離れているせいもあって、つい甘くなってしまうので、そういえばお兄ちゃんの時ほど叩いていないなーと思います。今は長男もそうそう私をイライラさせることもなくなったので、最近は叩くことはほとんどありません。

ただよく叩かれた兄と叩かれた経験の少ない弟と比べると、喧嘩や遊びの時に兄の方が力加減が上手にできている気がします。もちろん現在の二人を比べても年が違うので当たり前ですが、兄が5歳だったころと比べると今の弟は、遊んでいてもつい力が入りすぎてしまうようです。

また、長男の時は危険なことをしたらすぐさま叩き「これで怪我したらもっともっと痛いんだよ!!」と叱っていました。そのせいかどうかはわかりませんが、何につけても慎重派です。そしてちょっとの怪我では平気な顔をしています。一方弟は怖いもの知らずなわりに、少しでも擦りむくとビービー泣くし、注射も逃げ出します。

痛みの記憶も、時に役に立つ

叩かれたらこのくらい痛い、というのを体感することも時には必要なのかもしれません。もっとも、兄弟で性格も異なりますから、一概には言えないでしょうけれども。今は取っ組み合いのけんかになる前に保育園や学校で大人の仲裁が入りますから、殴られる痛みを知る機会が減っているようにも思えますからね。

痛みの感覚はその怒られた時の記憶を強く刻みます。私が高校の時の家庭科の先生は、自分の子どもに「危険」を教えるためにわざとちょっとだけ痛い目に合わせたといいます。アイロンは熱いと教えるために低温にしてちょっとだけ触らせるとか、怪我にならない程度に「痛い=危険」の記憶を刷り込むのだそうです。

なにか繰り返してはいけないような悪いことをした時、怪我をしない程度に叩きその後で理由を説明して納得させれば、同じことで怒られることは少なくなっていくと思います。ただ叩きっぱなしで理由の説明がないと、子供は自分の行為と叩かれた痛みに関係があると思えず、ただ痛みだけの記憶が残ってしまいます。

子供は大好きなお母さんに怒られたり叩かれたりするのは、とても怖いし悲しいのです。理由をちゃんと聞かせることは大切です。たとえ小さくてあまり良くわからないのではと思っても、なんとなくでもその原因となった行為に悪い所があったんだわかるだけでも違うと思います。

ただ原因となる子供の行為、叩くことでのしつけ、その説明の3点は、あまり間に時間が開かない方が良いかと思います。子供が小さければ小さいほど、時間が空いてしまうとその関係性が分からなくなってしまうものです。また、特別な理由なく叩いてしまったら、子供は悪くないということをきちんと伝えて謝りましょう。お母さんは完璧でなくていいと思うのです。ちゃんとお話しした後は、きちんと抱きしめて大好きだよと伝えてあげてください。

子どもに暴力を振るってしまうと悩んだら

自分はわが子を虐待してしまっているかもしれない、と悩むお母さんは案外多いようです。子供に思わず暴力を振るってしまったとき、お母さんは後悔と自己嫌悪でいっぱいになります。一方で、子供の為に注意するときも「絶対怒らない」と決めていたお母さんがノイローゼになってしまったという話も聞いたことがあります。

もし虐待のことで悩んでいたら、第三者である誰かに相談するのが一番です。ほかのお母さんから「うちでもそんなこと、しょっちゅうだよ~」と返事を聞いて安心したら、イライラが消えて子育てが楽になるかもしれません。専門家や、子育てに関する相談所などでもよいでしょう。

専門家が言うには、もっとも危惧すべきなのは誰にも相談できない方なのだそうです。自分が虐待をしているという事実を自分でも認めたくなくて、周囲にも知られまいとし、子供に口止めしていたりする場合の方が深刻です。

虐待してしまっているのかも、自分は最低の母親なのかもと思いながら毎日を過ごすのは、お母さんも子供もつら過ぎます。子供はお母さんが大好きなのですから、完璧なお母さんを演じようとせずに、ある程度子どもと同じ土俵に立って怒ったり泣いたりして良いと私は思っています。

子育てで一番大事なのは、なによりお母さん自身が笑顔で幸せそうにしていること。お母さんが幸せそうだと、子供は自分の存在に肯定感を持てると思うんです。だからあれこれ悩みすぎずに、周囲の助けを借りながら楽しく子育てしていきたいものですね。

ABOUTこの記事をかいた人

30代後半、10歳と5歳の男の子の母です。 平日は、子供を学童と保育園に預けてパートタイマーとして働いています。慌ただしいながらも頑張りすぎず、気楽で楽しい育児をモットーに、賑やかで幸せな日々を送っています。