PTAの役割は?

みなさん、PTAと言う言葉を覚えていらっしゃいますでしょうか。自分が小学校に入ったころから、~のお母さんはPTAなのだ、という話をしていたことを思い出します。まさに今現在、子供の学校のPTAをしているわと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は子供がもうすぐ小学生になる、将来学校に行くけど、PTAっていったい何をするの?と疑問をお持ちの方に参考になればと思います。

PTAがする事

ではまず、PTAはいったい何をしているのかと言いますと、子供たちが健やかに成長してくれることを目的として、保護者と教師である先生同士が協力して、学校内でも外でも教育環境の改善と充実を目指すために活動すると言ったものなのです。
要は、子供たち学校の中でも学校外でも充実して過ごせるように見守ってくれる団体と言ったものです。
では具体的にはどの様なお仕事をするのか一例をあげてみたいと思います。
学校で毎年行われる運動会やマラソン大会などの大きな行事のお手伝いをしたり、ベルマークの集計などの細かいお仕事もします。他には、保護者懇談会を仕切ってもらったり、地域のパトロールなどの仕事までもしています。
また、他の学校のPTA同士での交流会なども開かれたりなど、学校が行うようなことまでPTAがするのです。

役割

これらの仕事をするにもある程度の人数が必要になってきます。人数が増えることでそれぞれの仕事の役割も分けられるのです。では、それぞれどの役割に振り分けられるのか詳しく見ていこうと思います。
まずは、自分たちが学校に通っていた時にクラスの委員会決めでもあったように、PTAの代表として会長が存在します。会長は要するに責任者と言われるポジションです。それを支えるのが副会長です。
そして会社の組織にも存在する会計係に、会計を監査する存在の人もいます。
そして、上記でも述べましたが、PTAのする仕事のベルマーク集計や地域のパトロールなど、それぞれ担当する保護者もいます。
その他には、PTA内で会議が行われた時にその内容を書記する保護者や、広報を担当する方もいます。
この様に、PTA内でそれぞれが役割を担当して活動を行っているのです。
これらのPTAの役割を担当してくれる保護者は全て学校のサポートが目的としており、給料を頂いてしているものでは決してないのです。
なかなか現実的には、共働きが増えたこの時代で、仕事をしながらこのPTAも担当すると言ったご家庭は多くないのが現実です。そのためPTAを決めるのに色々と問題もあるようです。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。 しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。 これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。