2歳のしつけ

2歳児にもなれば、意思疎通が出来るようになり、お喋りもでき始めるので、少しは手がかからなくなるのかなと言う反面、第一次反抗期すなわち「イヤイヤ期」が始まる歳でもあります。このイヤイヤ期が母親にはこたえるもので、毎日の事だと親のしつけのつもりが怒りになっている事もあるのです。
では、2歳児のしつけとはどういうものなのか見ていくことにしましょう。

2歳児の特徴

2歳児になれば、大人の言うこともかなり理解でき始め、自分が伝えたいことも少しずつ言葉で表現できるようになります。
しかし、感情をきちんと伝えられるほど言語能力が発達していないため、うまく親に自分の気持ちを伝えられずに、もどかしさからか、何に対しても拒否したり、抵抗したりします。これがイヤイヤになり、イヤイヤ期になってしまうのです。
しかし、これも大人の階段を上るための大切な通過点であるので、時期が来たら落ち着くはずです。

2歳児に対してのしつけ

2歳児は好奇心が旺盛で、何でも試したいと言う気持ちが出て、親から見ればイタズラに見えることも本人にとってみたら社会の勉強なのかもしれません。その成長段階に一方的に親が叱るのは子供の成長を妨げてしまう可能性もあるのです。この時におやのしつけで、むやみに何に関しても叱るのではなく、子供にとって危険なもの、人に害を与えてしまう様なこと以外は極力、見守ってあげるのが良いことなのかもしれません。
では、その危険なことに対しては叱ると言いましたが、どのように叱れば良いのか、と言う点なのですが、感情的に「ダメでしょ!!」と声を張り上げて叱るのではなく、
なぜ、それをしてはいけなかったのか、子供に分かるように冷静に理由を説明してあげながら叱ることが大切です。この時に叱る内容に関しても、ついつい親の感情面で怒ってしまう事もあります。しかし、ここで注意してほしいのが、叱るのと怒ることの違いです。叱ると言うのは、感情的ではなくて冷静に子供の事を思いする行動です。一方、怒るのは感情的にイライラしたからその感情を子供にぶつけることを言います。
この様に、同じように感じますが全く意味が違うのです。
ですから、しつけとは叱ること、決して自分の感情をぶつけることはしてはいけないのです。なかなか、親だって人間ですから感情もあるのでコントロールするのに大変ですが、子供の事を思ってしつけられる様、努力しないといけないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。わたしは3歳の娘を持つ母親です。最近は娘の自己主張が出始めて苦戦中です。
しかし、娘の寝顔にその苦労も吹っ飛ばされる毎日です。
これから先も楽しい子育てが出来るようにしたいです。