これを身に着けたい!しつけ3原則!

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

こどもが小さなうちからしつけをした方が良いことはわかっているけど、どんな風にしたらいいのかイマイチわからない!という方、多いのではないでしょうか。

そこで今回はしつけについてまとめてみました。

しつけのポイントをしっかりおさえ、取り組む参考にしてみてください。

こどものころのしつけとは

まず、しつけとはどのようなものなのか考えてみましょう。
ビシバシ厳しく、親の言うことは絶対!!と思っている方、伸び伸びと自由にやりたいことをやらせる!と思っている方、様々だと思いますが、どちらもこうであってほしいという親の願望に過ぎません。

しつけというのは、将来こどもが社会に出た時に、困らないように世の中のルールを教えるということです。
特に、こどもの頃はまだ行動が習慣化されていないので、受け入れやすく覚えやすいと言えます。
たしかに、大人になって何かを変えようと思うとなかなか大変ですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

19歳で1人目女の子を出産。20歳で2人目女の子を出産。その後離婚し、8年間シングルマザーでしたが、再婚しました。現在3人目女の子妊娠中! 人生いろいろですが、なんとかなる!!をモットーに奮闘しています。