子育て中の在宅ワーク

日々育児、お疲れさまです。

在宅ワーク、最近よく耳にする言葉です。私も実は、在宅ワーカー(と言っていいのか不安になるほど初心者ですが…)です。

始めたきっかけも動機もテキトーでした

ランサーズやクラウドワークスなどが出始めた頃、夫にやってみたら?と言われて、初めて在宅ワークを知りました。でもその時は、在宅ワークの魅力などわからず、子供と格闘している毎日なのに、どこにその余裕があるの?と思っていました。

私の周りでは、下の子が幼稚園にあがると、働き始めるママが増えます。私もちょうどその頃、ヒマな時間ができるようになりました。といっても、家事に加え、子供や家族の用事などをこなすだけで、毎日疲れてしまっていたので、働こうかしらと、気にするようになったのは、それから半年たったあたりからです。

働くってどこで?これが、何の取り柄もない私の最初の疑問でした。先輩ママたちは、飲食店やスーパーなどで働く方が多かったのですが、私はあまり気がむかずにいました。持病持ちのお子さんがいる友人は、子供にいつ何があるかわからないから外に働きにでることはできない、だから内職をしている、と話をしてくれました。この時、そうか、私もできるなら家で仕事をする方がいいな、と思いました。

そこで、夫から言われていた在宅ワークのランサーズ、クラウドワークスなどに登録してみたのでした。でも、仕事をする時間を確保する(仕事を積極的にやる気持ちになる)ことや、やり方に慣れるまで、またずいぶん時間を費やしてしまいました。今でも、日に数時間しかできていませんし、わからないことも経験していないこともたくさんあります。

時間のメリハリができる

在宅ワーカーとしてまだまだまだ!な私ですが、それでも、子育てだけをしている時とは違う、充実感を味わえるようになりました。持て余していた時間を、無理のない範囲で働けるのは、とても気持ちが良いことです。また、この日のこの時間は働いて、あとは子供や家族の時間、と分けることができるのも嬉しい。夏休みなどの長い休みの間だけ、仕事を受けないようにすればいいので、休み中も子供たちとたくさん遊ぶことができるのも、私には魅力です。

ちょっとお試し

それでも敷居が高いなぁ、と感じるかもしれませんが、みなさんは能力があって、稼げると思いますから、お試ししても良いかもしれません。コツをつかめるまでアンケートなどをやってもいいかもしれません。その後から、ブログなどの記事作成をしてみたり、エクセルが使えるのなら、データ入力などもあります。翻訳や買い付けのお仕事もあります。お仕事の種類は、本当にいろいろ。どんなお仕事を受けるか受けないかも自分で好きに決められます。収入のことは、まだまだまだ!な私からはアドバイスできないのですが、何も生まない時間が数円でもお金になれば、またその時間が充実したら、思いがけなく嬉しいことではないでしょうか。

きちんと働くまで

子育て中は、とても忙しいし、予期しないことにもみまわれます。在宅ワークは、きちんと働くこと(外に出て就職する)ができるまでの仕事、そして、在宅ワークに慣れてしまえば、そこできちんと働くことができる仕事だと思います。私は、私の理想「家で好きな時だけ仕事する」を実現できるよう、頑張っていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

脳内お花畑の小5長女、やりたくないことは絶対やらない小3次女、とにかくオレが一番の年長長男。あっという間に過ぎていく毎日の中で、なんとかママをやってます。あっという間に40代!